印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第6回 力の方向2011年04月20日

【力の方向を意識してみよう】

みなさんこんにちは。トレーナーの田口です。

東海大相模選抜を制し一段落ついた高校野球ですが東日本大震災などの影響で部活どころではなくなってしまっているチームも非常に多いと思います。(この度、震災で被害にあわれた方々には心よりご冥福を申し上げます)

練習時間の短縮や、はたまた春休み中の活動禁止なんていったところも多く聞かれます。しかし夏の大会の開幕まであと3か月。悔いのないように精いっぱい頑張っていきましょう!

今回のコラムの内容は『力の方向』についてお伝えします。皆さんの中でも熱心な選手なら、本屋さんに行ってトレーニングに関する本を購入し全体練習以外にも自主練習などで実践している人も多いでしょう。それは素晴らしいことです。そのモチベーションの高さが後にレベルアップに繋がってきます。

しかしトレーニングの教本を見ると、

①トレーニングの目的(筋力・スピード・持久力など)
②鍛える(使う)部位
③フォーム
④やり方(時間・セット数など)

などと、書いてあるものがほとんどですが『力の方向』まで書いてあるものはほとんどないと思います。いつも正しいと思ってトレーニングしているものがかえって、力の発揮方向が逆に働いているためパフォーマンス向上の阻害(そがい)になってしまっているケースも珍しくはありません。前書きはこれくらいにして、早速詳しい内容に入っていきたいと思います。

このページのトップへ

【次のページ】 力の方向(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第7回 拇指球で蹴る?【田口亮の動きの基本】

コメントを投稿する

プロフィール

田口 亮
田口 亮さん
  • 高校野球を引退後、野球のトレーニングを独学で学びチーム・個人の指導にあたる。
    既存のトレーニング指導だけにはとどまらず動作改善のトレーニングを得意とする。
    『なぜそのようなフォームなのか』『どのようにしたら効率よく力が発揮できるのか』ということを念頭において指導に当たる。
    高校、中学などのチーム指導も担当している。
    また多くのプレイヤーのマンツーマン指導も行っている。

    【トレーニング内容、指導申し込みはこちらのHPから!】
    Baseball Conditioning Support

田口 亮の動きの基本
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム