夏の甲子園から見る野球用具トレンド調査 2015年度版2015年09月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]2015年甲子園では、ミズノの『スパイク』人気が再熱!
[2]グラブ、バットの人気はいかに?

 第97回全国高校野球選手権大会では、決勝戦で東海大相模仙台育英を10対6で下し、45年ぶり2回目の優勝を果たしました。今回は、毎年恒例の甲子園で使われていた野球用具のトレンドを野球総合研究所で調査。その中で、2015年度のトレンドが見えてきましたので、お伝えします!

2015年甲子園では、ミズノの『スパイク』人気が再熱!

 今回の甲子園にて、最も履いている率が高かったスパイクは、ミズノであった。昨年の夏は、アシックスが35%、ミズノが32%であったが、今年は一転。シェア率42%と、ミズノが半数近い支持を得てスパイクシェア率、堂々の1位となった。昨今は、様々な機能が施されたスパイクが市場を賑わせているが、やはり選手が選ぶ際のポイントで、「フィット感」「軽さ」などを求めていることから、これらの重要視ポイントにマッチした商品が今後も支持を得る結果となりそうだ。

2015年秋季大会

このページのトップへ

【次のページ】 グラブ、バットの人気はいかに?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第856回 自分が走りやすいメンタル、感覚、アイテムを大事に 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【後編】 【2018年インタビュー】
第855回 ガムシャラさから脱力を追求 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【前編】 【2018年インタビュー】
第29回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【後編】(1990年代後半~2010年代後半)【高校野球ヒストリー】
第30回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【前編】(1950年代~1990年代前半)【高校野球ヒストリー】
第29回 多くの球児のプレーを支え続けた道具の進化の裏にある「ええもんつくんなはれや」の精神【高校野球ヒストリー】
第844回 スパイクの本質とは「故障」をさせないこと 選手の成長を支える「コウノエベルトスパイク」【後編】 【2018年インタビュー】
第838回 あの俊足プロ野球選手のひざ痛を克服させた「コウノエベルトスパイク」の秘密【前編】 【2018年インタビュー】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第137回 夏の大会まで残りわずか!大会に向けて球児が新調したい道具とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第15回 体を冷やしたほうがパフォーマンスがアップするってホント?暑さ対策に新提案!【特集コラム】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム