球児が実践する、グローブ磨きの極意は!?【出動!球児に聞き隊!】2018年06月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 毎週水曜日配信の球児に聞き隊!今回は道具磨きの極意とは?がテーマ!
 もうじき梅雨の時期がやってきます。この時期になると雨が降っていても練習をすることがあると思いますが、そうすると道具への手入れが非常に大事になってきますね。中でもグローブは特に大事にしている選手が多いのではないでしょうか。
 そこで今回の球児に聞き隊は、球児の皆さんがそれぞれが実践する、グローブの磨き方の極意について調査しました。果たしてどれくらい頻繁に手入れをしているのか。そして手入れをする上で大切にしていることとは何なのでしょうか?

球児の磨き方の極意とは?



グローブ磨くために球児が実践している極意とは?

■写真や映像に残った時に、グローブが汚れていると他人に思われないように、キレイな状態にしようと心掛けています。
★必須アイテムと使い方は?
 オイルを2種類用意して使い分けることです!

■自分が使うモノなので、自分にとって使いやすい状態にすることを前提に磨くようにしています。
★必須アイテムと使い方は?
 メーカーの違う汚れ落とし用のクリーム2つです!

■オイルを塗りすぎないように心掛けることが、自分の極意です!
★必須アイテムと使い方は?
 レザーローションを、薄く伸ばすようにしてグローブ全体に塗ることです!

■指先まで丁寧に手入れをすることが大事にしていることです!
★必須アイテムと使い方は?
 穴の開いたソックスの中に手を入れて磨くと、手入れが楽です。

■ポケットの部分は、他に比べて重点的にオイルを塗るようにしていることが自分の決めごとです。
★必須アイテムと使い方は?
 オイルを使うのですが、その際にいかにムラなく塗れるのか、ということを意識して使っています。

■音が鳴りやすいキャッチャーミットの方が、ピッチャーの気分も良くなるはずなので、捕球面には気を遣って磨いています!
★必須アイテムと使い方は?
 ムース状のクリームを手入れ道具として使うようにしています。

といった結果でした!
 毎日使うグローブが使いにくいと、プレーに支障をきたす可能性があります。使いやすい状態に保つことは重要なことですね。また、見た目を気にして汚れをキッチリ落とそうとすることも、モチベーションの向上に繋がる、大事な心掛けです。

 今回の回答で、キャッチャーミットならではのこだわった磨き方をしている球児がいることには驚きました。しかしプレーのことまで考えて磨くことは、とても素晴らしい心掛けだと思います。

 ちなみに頻度はどれくらいなのか話を伺うと、週1回と答えてくれる球児が多かったです。他には、汚れが目立ち始めたころに手入れを行う球児もおり、適度に磨いている傾向にあることが見えてきました。しかし中には、遠征の移動中など時間がさえあれば手入れをしているという球児もいました。

 手入れをする方法や頻度に差がありましたが、毎日使うグローブを大事に想う気持ちは通じている部分でした。これからもグローブをはじめ、道具を大事に使って、日々の練習に取り組んでほしいです。

 今回は、グローブにフォーカスして手入れの方法について調査しました。人それぞれ極意や頻度は違いましたが、グローブを大事にする想いは球児に全員に共通しているのが見えてきました。
 今後も、各地の球児を直撃し、考えの傾向やトレンドを紹介していきたいと思います!乞うご期待!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第137回 夏の大会まで残りわずか!大会に向けて球児が新調したい道具とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第7回 さあ、君もいよいよ高校球児だ!グラブの人気傾向【特集コラム】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム