今夏の甲子園大会で影響を受けたことは?【出動!球児に聞き隊!】2017年09月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今回の球児に聞き隊では、今夏の甲子園大会で影響を受けたことについて伺いました。様々なドラマ、記録が生まれた今大会。球児はどんな影響を受けたのでしょうか?

今夏の甲子園大会で影響を受けたことは?

1位 応援
最も多かった回答は、意外にも応援という結果になりました!特にアゲアゲホイホイやダイナミック琉球といった応援に影響を受けているようです。実際に秋季大会ではダイナミック琉球を歌っているチームはかなり多くなっています。2018年の応援トレンドはダイナミック琉球になるかもしれませんね!

2位 バッティング
2位にランクインしたのはバッティングでした!大会本塁打数を更新する68本塁打を記録した今大会。「甲子園で長打を打つバッターはみんな強いスイングをしている。自分もフルスイングして長打を打てるようになりたいです」という選手や、「バックスクリーンに本塁打を打ったり、逆方向へ本塁打を打つ姿を見て、大きく憧れを持ちました」と語る選手もいました。ピッチャーからも「甲子園では狙った球じゃなくても甘く入れば長打にされる。ピッチャーとしても気を付けようと思いました」という声が上がっていました。

3位 同学年の活躍
3位になったのは甲子園で戦う同学年の姿でした。大阪桐蔭藤原 恭大東海大菅生戸田 懐生花咲徳栄野村 佑希など「ミレニアム世代」が多く出場し、輝きを放った甲子園。「同学年の選手ですでに高いレベルで戦っていて、自分たちはそういうところとも戦っていくという気持ちを持ち、追い越していこうという気持ちになった」と刺激になっている選手が多数いるみたいです!

 その他には明豊天理戦で見せた最後まであきらめない姿勢、広陵中村 奨成のバッティング、大阪桐蔭徳山 壮磨のコントロールなどに影響を受けているという声もありました!
 今後も、各地の球児を直撃し、考えの傾向やトレンドを紹介していきたいと思います!乞うご期待!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第9回 ドラフト指名が10人!2017年U-18ワールドカップで優勝したアメリカ代表の現在地【世界の高校野球】
第4回 甲子園前にユニホームが変わる珍事件の真相【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第21回 俳優・吉村卓也がドラフト会議2018で目玉になった選手を紹介!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第791回 満を持して訪れたプロの機会 目標は即戦力左腕!!平尾奎太(大阪桐蔭出身-Honda鈴鹿)vol.3 【2018年インタビュー】
第790回 諦めずにつかんだエースの座 平尾奎太(大阪桐蔭出身-Honda鈴鹿)vol.2 【2018年インタビュー】
第789回 藤浪、澤田に刺激を受けながら春夏連覇を経験!平尾奎太(大阪桐蔭出身-Honda鈴鹿)vol.1  【2018年インタビュー】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集】
第781回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「特定の投手に固執した投手起用、そして需要高まる二刀流」【大会展望・総括コラム】
第758回 冷静な自己分析能力とメンタルコントロール 藤原恭大(大阪桐蔭)の真価が見られるのはこれからだ! 【2018年インタビュー】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第622回 中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」 【2017年インタビュー】
遠軽高校甲子園壮行交流戦【2013年 第85回選抜高校野球 大会前強化練習試合】
戸田 懐生(東海大菅生) 【選手名鑑】
中村 奨成(広陵) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム