今夏の甲子園大会で印象に残った試合とは??【出動!球児に聞き隊!】2017年09月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今回の球児に聞き隊では、今夏の甲子園大会で印象に残っている試合を球児に伺いました。激闘続きだった甲子園大会。球児たちにとって、どの試合が印象に残っているのでしょうか?

今夏の甲子園大会で印象に残った試合とは??

1位 仙台育英vs大阪桐蔭
最も多かった回答は、仙台育英vs大阪桐蔭でした!今夏のベストゲームとも呼べるあの一戦が、やはり球児の印象にも強く残っているようです。史上初の2度目の春夏連覇を目指した大阪桐蔭が敗れたことが、衝撃だったという声もありました。

2位 花咲徳栄vs東海大菅生
2位にランクインしたのは準決勝の花咲徳栄vs東海大菅生でした!優勝した花咲徳栄を最も苦しめたのが東海大菅生だったことでしょう。延長までもつれた激闘は心に残っているようです。また、東京都の球児は東海大菅生のベスト4進出にとても影響を受けたそうです。

3位 広陵vs天理
3位になったのは広陵の試合です!今年の甲子園を盛り上げたのは中村 奨成でした。球児からは広陵の試合の多くをあげてくれましたが、その中でももっともあげてくれたのは、準決勝の広陵vs天理の試合でした。やはり新記録を樹立した試合はインパクトがありますよね!!中村選手は数々の記録を塗り替えた打撃はもちろん、強肩を生かした守備に加え足も速いという、まさにスーパーキャッチャー。同じ捕手である球児も、「憧れます」と回答してくれました。

 その他には、明豊vs神村学園天理vs明豊済美vs盛岡大附の激しい点の取り合いが印象に残っているようです。もちろん、決勝戦というも回答があり、さまざまな回答がありました!
 今後も、各地の球児を直撃し、考えの傾向やトレンドを紹介していきたいと思います!乞うご期待!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大阪桐蔭vs金足農【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第762回 【決勝戦展望】史上初の2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭か?東北勢初優勝を狙う金足農か?いざ激突!【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs済美【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第759回 【準決勝展望】日大三vs金足農、済美vs大阪桐蔭 激戦が予想される2試合のポイントは?【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs浦和学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第25回 イチローが鈴木一朗として甲子園に出場していた時代【高校野球ヒストリー】
第733回 選抜連覇のPL学園を破るために取り組んだ練習の日々 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.1 【2018年インタビュー】
第759回 【準々決勝展望】王者、名門、新鋭、台風の目が勝ち進んだ平成最後の夏!ゲキアツ4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs高岡商【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第756回 【10日目見所】東の名門校対決 花咲徳栄vs横浜の一戦を制するのは??【大会展望・総括コラム】
第732回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム