夏の大会前に買い替えたいと思っている野球用具は?【出動!球児に聞き隊!】2017年06月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今回は夏の大会前に買い替えたいと思っている野球用具について話を伺いました。野球はさまざまな道具があります。大事に手入れをしていても、いつかは道具が使えなくなってしまう状態に陥ります。今球児が、一番買い替えたいと思っている野球道具は何なのでしょうか?

夏の大会前に買い替えたいと思っている野球用具とは?

1位 スパイク
1番回答が多かったのは「スパイク」でした。練習で毎日のように履くため、スパイク歯が削れてしまったり、つま先のカバーが敗れてしまったりします。さらに現代のスパイクは埋め込み歯が主流で、歯が少なくなったら買い替えることが多くなりました。また、スパイクの軽量化が進んでおり、金具スパイクとは思えない操作性がとても良いです。少しでも操作性の良いスパイクで夏の大会に臨みたい選手も多いのではないでしょうか?

2位 バッティンググローブ
打撃をする際に、今や必要不可欠となった「バッティンググローブ」が2位にランクイン。なかなか色で個性は出せませんが、メーカーであったり質感などは好みのものを選べる道具です。ですが、破れてしまうこともしばしばあります。「夏の大会はきれいなもので!」という選手が多いようですね!

2位 バット
バッティンググローブと並んで2位にランクインしたのは「バット」。一見、長持ちしそうな道具に見えますが、だんだん弾きが悪くなってきたりします。また、同じポイントで打ち続けると、色が剥げて割れてしまうこともあります。今のうちに買い替えて、弾きをよくするとともに、バットに馴染んだ上で大会に臨むことがベストなのかもしれませんね!

 他には「グラブ」を買い替えたいと話す選手もいました。硬式グラブは非常に硬いですが、湯もみなどをしてもらえばすぐに使うこともできます!夏の大会に向けて、是非参考にしてみては?!今後も、各地の球児を直撃し、考えの傾向やトレンドを紹介していきたいと思います!乞うご期待!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第856回 自分が走りやすいメンタル、感覚、アイテムを大事に 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【後編】 【2018年インタビュー】
第855回 ガムシャラさから脱力を追求 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【前編】 【2018年インタビュー】
第844回 スパイクの本質とは「故障」をさせないこと 選手の成長を支える「コウノエベルトスパイク」【後編】 【2018年インタビュー】
第838回 あの俊足プロ野球選手のひざ痛を克服させた「コウノエベルトスパイク」の秘密【前編】 【2018年インタビュー】
第737回 プレースタイルで選ぶアシックススパイクシューズ I‐SERIES(アイシリーズ)誕生の裏側 【2018年インタビュー】
第137回 夏の大会まで残りわずか!大会に向けて球児が新調したい道具とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第71回 野球用品専門店に聞く!2016年度の野球用具売れ筋ランキングは?【野球総合研究所】
第69回 春の選抜大会から見る野球用具トレンド調査 2016年度版【野球総合研究所】
第37回 夏の甲子園から見る野球用具トレンド調査 2015年度版【野球総合研究所】
第21回 気になる用具を徹底取材!<GEハイストIQ(ミズノ社製)編>【野球総合研究所】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム