高校野球コラム

  • 女子マネージャーが歩んだ3年間
    2011.08.05
    第8回 女子マネージャーが歩んだ3年間
    野球が好きだったわけではない。縁の下の力持ちとなって、誰かのために動くことが得意だったわけでもない。ところが、彼女たちが想像していた野球部の女子マネージャー像は、すぐに一変する。
    詳細はこちら
  • 5分間の散歩
    2011.07.29
    第7回 5分間の散歩
    両チームの補助員が、懸命の修復作業を行なっている。スポンジで水を吸い取りながら、ぬかるみには土を入れ砂を撒く。大雨はすでに上がったものの、球審の中断宣告からは2時間が経過しようとしていた。一塁側の延岡学園ベンチから、重本浩司監督が出てきた。
    詳細はこちら
  • 夢、引き継いで  (聖望学園)
    2011.07.28
    第6回 夢、引き継いで (聖望学園)
    2011年、第93回全国高等学校野球選手権・埼玉大会5回戦(7月22日・大宮市営球場)。 聖望学園と春日部共栄のライバル校同士の対戦は4対2で春日部共栄に軍配が上がった。それは、両校の力がそのまま表れた試合となった。
    詳細はこちら
  • サードコーチャーの役割
    2011.06.27
    第5回 サードコーチャーの役割
    08年の大阪大会。ちょっとした話題をさらった選手がいた。背番号は二桁。試合に出ているわけではない、当時、東大阪大柏原にいた安達隆晃という男だ。安達が注目されていた理由――。それは彼が全身全霊をもって全うする三塁ランナーコーチの姿が凄まじかったからだ。
    詳細はこちら
  • 代打という役割を経て得たもの
    2011.06.25
    第4回 代打という役割を経て得たもの
    九州大会の開幕戦、目の覚めるような弾丸ライナーが、県立鴨池球場の右翼スタンド中段に突き刺さった。『代打』。その役割をどのように受け止めていたのだろうか。再び輝きを放とうとしている古橋次郎に迫った。
    詳細はこちら
  • ドジャース スカウト・小島圭市 未来に向けてのメッセージ
    2011.04.10
    第3回 ドジャース スカウト・小島圭市 未来に向けてのメッセージ
    「時代とともに、新しい流れは必然的に生まれてくる。その中で、野球界を変えるのではなく、新しい流れを、日本の野球界に作りたい」ロサンゼルスドジャーススカウト・小島圭市の未来へ向けてのメッセージ
    詳細はこちら
  • 徳島県勢躍進のために~第 2 回体力技術向上研修会~
    2010.12.23
    第2回 徳島県勢躍進のために~第 2 回体力技術向上研修会~
    昨年より徳島高野連が主催する「第2回徳島県高等学校野球体力・技術向上研修会」が、今年も11月27日に開催された。学校の枠を超えた徳島県勢強化の起爆剤となりつつあるこの行事内容と今後の課題について検証する。
    詳細はこちら
  • 帽子に込めた球児達の想い
    2010.09.01
    第1回 帽子に込めた球児達の想い
    最後の大会、選手達は色々な形で自分の「想い」を形にして気持ちを奮い立たせている。その一つが帽子のつばに書く「想い」球児達の帽子のつばに書かれた「想い」を、その意味を教えてもらいながら紹介していきたい。
    詳細はこちら