第35回 野球肘研究会代表・高原政利に聞く!肩、肘を守るためには?2014年11月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部のフォトギャラリーもチェック!
[1]アイシング、ウォーミングアップがいつもより長いのは故障前のケガの兆候
[2]肩、肘への負担が少ないフォームとは
[3]遠投のやりすぎは危険 10球以内が望ましい
[4]投げ終わった後のケアの仕方が怪我の回避につながる!「スリーパーストレッチ」

 野球のプレーヤーたちが避けて通れないのが、肩、肘の怪我。野球の投球動作で起こる障害は『野球肘』と呼ばれている。

 そうならないために野球肘に詳しい整形外科、理学療法士が集まって出来たのが野球肘研究会だ。今回は野球肘研究会の高原 政利代表(医療法人 泉整形外科病院)から、野球肘になりやすい兆候について教えていただいた。

アイシング、ウォーミングアップがいつもより長いのは故障前のケガの兆候

野球肘研究会の高原政利代表

■アイシングの時間が長い
■ウォーミングアップの時間が長い(過度なウォーミングアップ)

 故障前の球児は、上記のような行動が多いという。心当たりのある選手は多いのではないだろうか。野球肘の研究では、上記の2つの行動は、“注意する選手”の特徴として挙げられている。また、投げすぎでも故障のリスクは高まる。目安の投球数としては、

■全投球数(キャッチボール、試合での投球をすべて含む)が175球以上

 高原代表の調査によると、体の痛みの総点を40として、100球~175球が9.9点に対し、200球以上は21.5点と約2倍のリスクを秘めていた。また、故障がすでにある投手は、球数を少なく収める傾向にあり、痛みの総点は『12』と、100球~175球よりも高いデータが出ていた。

 それでも、100球以上投げていても、故障なくプレー出来ている選手はいる。では、なぜそのような選手は故障を防ぐことが出来ているのか。

■負担が少ない投げ方の動作
■投球後のケア

 高原代表は、そのポイントは上記の2点だと説明する。

ベストパフォーマンスを発揮するためのけが予防

このページのトップへ

【次のページ】 肩、肘への負担が少ないフォームとは

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第134回 練習真っ盛りのこの時期に、球児が実践するケガ防止の秘策とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第3回 【動画】斎藤 隆が紹介する「2種類の遠投」【斎藤 隆の勝てるピッチング講座】
第168回 わき腹の痛みや肉離れとその予防法について紹介!【セルフコンディショニングのススメ】
第166回 新入生が知っておきたい身体のこと【セルフコンディショニングのススメ】
第165回 毎日のセルフチェックでケガを予防しよう【セルフコンディショニングのススメ】
第225回 中日ドラゴンズ 和田 一浩選手 【2014年インタビュー】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム