第33回 平成25年度四国地区高等学校野球連盟監督研修会2014年01月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】 ▼同日の様子はページ下部のフォトギャラリーをチェック!
[1]四国勢躍進の原動力「四国地区高校野球監督研修会」
[2]「体力」修得法を学ぶ
[3]「基礎体幹トレーニング理論」、徳島県から四国4県へ

四国勢躍進の原動力「四国地区高校野球監督研修会」

研修会冒頭の挨拶を行う佐光康彦徳島県高野連会長

 2013年の四国高校野球界は春も夏も熱かった。
 センバツでは高知(高知)と済美(愛媛)が準決勝で激突し、済美が準優勝。鳴門も1勝をあげるなど7勝3敗の高勝率をマーク。選手権丸亀(香川)こそ緒戦敗退に終わったが済美は1勝。さらに明徳義塾は2勝、鳴門は3勝をあげ共にベスト8入りし6勝4敗。春夏通算では13勝7敗となった。

 センバツでは鳴門工(徳島・現:鳴門渦潮)、八幡浜(愛媛)、済美明徳義塾の4校が出場し、済美が初出場初優勝・明徳義塾もベスト4に入り8勝3敗。

 も香川県からは尽誠学園、徳島県からは鳴門第一(現:鳴門渦潮)、愛媛県からは済美、高知県からは明徳義塾が出場し、済美が初出場準優勝、明徳義塾も2勝をあげて6勝4敗。通算14勝7敗をマークした2004年以来9年ぶりの勝ち越し。そこには「かつての強豪地区」と言われた数年前の評価はない。

 その要因を探っていくと、一つの符合点があることに気付く。
 2012年1月21日に愛媛県で、山下智茂・星稜(石川)名誉監督・甲子園塾塾長の基調講演により産声を上げた「四国地区高等学校野球連盟監督研修会」設立以降、四国勢の成績は上昇カープを描いているのだ。ではここで2004年以降、10年間の四国勢甲子園戦績を見てみよう。

<甲子園四国勢戦績>
2004年 春:8勝3敗 夏:6勝4敗 通算:14勝7敗
2005年 春:1勝3敗 夏:4勝4敗 通算:5勝7敗
2006年 春:1勝2敗 夏:3勝4敗 通算:4勝6敗
2007年 春:3勝3敗 夏:3勝4敗 通算:6勝7敗
2008年 春:2勝3敗 夏:1勝4敗 通算:3勝7敗
2009年 春:1勝2敗 夏:2勝4敗 通算:3勝6敗
2010年 春:0勝3敗 夏:1勝4敗 通算:1勝7敗
2011年 春:1勝3敗 夏:3勝4敗 通算:4勝7敗
2012年 春:2勝2敗 夏:3勝4敗 通算:5勝6敗
2013年 春:7勝3敗 夏:6勝4敗 通算:13勝7敗

 前年で底を打った形とはいえ、まだ浮上の兆しまでは見えなかった2011年(第83回選抜高等学校野球大会第93回全国高校野球選手権大会)。
 しかし、第1回研修会以降、成績は徐々に良化。2012年12月8日に香川県にて開催。
 香川県高野連監督研修会では恒例となっている「その時ベンチは」を四国版に拡大し、秋季四国地区高校野球大会準決勝の采配を監督同士で振り返る第2回監督研修会を経て、成績は先述の通りV字回復を遂げた。

 もちろん、安樂 智大済美2年):独占インタビュー 第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手岸 潤一郎明徳義塾2年):独占インタビュー 第160回 明徳義塾高等学校 岸 潤一郎 選手板東 湧梧鳴門3年→JR東日本)といった好右腕の出現など、選手たちの頑張りが主たる原動力ではあるが、4県の垣根を越えて、ハイレベルな技術指導法やメンタルケア方法を共有できる四国地区監督研修会の存在が躍進の一因を成していることも確かだろう。

 この流れを受け2014年はさらなる飛躍を期す四国高校野球。
 そこで「第3回四国地区高等学校野球連盟監督研修会」のホスト県となった徳島県は、これまでの2回とは異なるアプローチでの研修材料を用意した。過去、徳島県高野連監督研修会では3回にわたり開催されている「トレーニング講習」がそれである。

このページのトップへ

【次のページ】 「体力」修得法を学ぶ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第36回 高校野球研究会 「東京都の高校野球を育てた樋口秀司先生の功績」【高校野球コラム】
第32回 第6回 埼玉県高校野球指導者勉強会【高校野球コラム】
第30回 高校野球研究会 「取材現場から見た高校野球」【高校野球コラム】
第29回 第10回 宮城県高等学校野球連盟 リーダー研修会【高校野球コラム】
第28回 第8回「硬式ボールに親しむ会」愛媛県高野連・中体連連携行事で開催!【高校野球コラム】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム