山田 健太・根尾 昂・藤原 恭大・中川 卓也

 2018年の大阪桐蔭は、二刀流で甲子園を沸かせた根尾 昂投手(中日)や4番打者として活躍した藤原 恭大外野手(ロッテ)がチームの中心となり「最強世代」と呼ばれた。

 2012年も磐石な体制で優勝したが、この世代はプロ入り選手がなんと4人。根尾、藤原に加え、投手の柿木 蓮投手(日本ハム)と横川 凱投手(巨人)もドラフト指名された。侍ジャパンU-18代表にも、柿木、根尾、藤原と小泉 航平捕手(NTT西日本)、中川 卓也内野手の5人が選出された。2018年の大阪桐蔭メンバーのなかで、プロ入りせずに進学した選手たちも活躍していること考えれば、「最強世代」の名前にふさわしいチームだったことがわかる。

 下記が戦績と選手の成績である。

大阪桐蔭(2018年夏)大会戦績

決勝  :13-2 金足農(秋田)
準決勝 :5-2 済美(愛媛)
準々決勝:11-2 浦和学院(埼玉)
3回戦 :3-1 高岡商(富山)
2回戦 :10-4 沖学園(福岡)
1回戦 :3-1 作新学院(栃木)

大阪桐蔭(2018年夏)選手成績

打撃成績

(左)宮﨑 仁斗 打率.435 1本塁打 5打点
(右)青地 斗舞 打率.400 0本塁打 4打点
(三)中川 卓也 打率.280 0本塁打 4打点
(中)藤原 恭大 打率.462 3本塁打 11打点
(遊)根尾 昂 打率.429 3本塁打 5打点
(一)石川 瑞貴 打率.250 1本塁打 6打点
(二)山田 健太 打率.316 0本塁打 3打点
(捕)小泉 航平 打率.263 0本塁打 1打点
(投)柿木 蓮 打率.000 0本塁打 0打点
チーム打率.328

投手成績

柿木 蓮 36回 39奪三振 防御率1.00
根尾 昂 13回 13奪三振 防御率4.15
横川 凱 5回 9奪三振 防御率1.80
チーム防御率1.83

 柿木、根尾、横川の3本柱は、左右のバランスもあり、全員プロ入りした投手陣だ。全員がかなりの実力があるので、非常にバランス良く投手運用ができていた。
 下記が投手陣のイニングと球数の内訳だ。

柿木 蓮
1回戦   9回105球
2回戦   1回24球
3回戦   4回66球
準々決勝 4回50球
準決勝   9回155球
決勝 9回112球

根尾 昂
2回戦 8回119球
準々決勝 5回95球

横川 凱
3回戦 5回78球