目次

[1]第3位 鹿児島選抜チームが宮崎選抜と交流試合
[2]第2位 鴨池市民球場、台風で使用不能に!/第1位 大島躍進、春センバツ、夏準優勝

 コロナ禍3年目を迎えた2022年。声出し応援の禁止など、依然様々な制約はある中でも、観客の入場制限などはなくなり、夏の大会では3年ぶりに入場行進も実施されるなど、春の県大会から秋の1年生大会まで、これまでに近い形で全ての大会を実施することができた。この1年の三大ニュースを挙げる。

第3位 鹿児島選抜チームが宮崎選抜と交流試合

 秋の鹿児島大会終了後、鹿児島選抜チームが結成され、11月13日に都城市営球場で宮崎選抜との交流戦が2試合組まれた。鹿児島で選抜チームが結成されるのは、2002年にハワイ選抜が来鹿して以来、20年ぶりの出来事だった。

 目的は「鹿児島県高校野球の普及・発展・強化」「県代表としての誇りを胸にライバルと力を合わせて挑む」「選考会を通じて学んだことを自チームに還元する」こととチームを率いる吉田 公一監督(武岡台)が話す。10月29日に鹿児島実高グラウンドで39校64人の選手が集まって練習会。この中から投手4人、捕手4人、内野手11人、外野手6人の計25人が選ばれた。鹿児島玉龍の左腕エース・川畑 陽介投手(2年)、鹿児島城西の長距離砲・明瀬 諒介内野手(2年)、黒川 虎太郎捕手(2年)、神村学園の秋元 悠汰外野手(2年)、今岡 歩夢内野手(2年)、鹿屋中央の村山 源内野手(2年)、串木野の川崎 將斗内野手(2年)らが名を連ね、主将は鶴丸の別枝 昊祐外野手(2年)が抜擢され、都城であった交流戦に臨んだ。

 試合は1試合目が3対4のサヨナラ負け、2試合目は1対3で敗れて2連敗だったが、参加した選手たちの学校を越えた交流と、野球に対する取り組みの意識を高める上でも大きな意義のあった取り組みとなった。