2022年夏の甲子園は仙台育英が優勝を果たした。23日から決勝進出した2校を含めた全加盟校が新チームを迎える。もうすでに各都道府県では新人戦が始まっている。ここで、23年世代をリードするチームを紹介したい。まずは初優勝の仙台育英だ。

 甲子園でも圧倒的な戦力を見せた仙台育英

 恐ろしいのが、今年の優勝メンバーのほとんどがコアメンバーということ。来年も全国制覇への期待が高まるが、それに相応しい戦力は残っている。

 まず投手陣。146キロ右腕・湯田 統真投手(2年)、145キロ右腕・高橋 煌稀投手(2年)、147キロ左腕・仁田 陽翔投手(2年)の3名が残っている点から考えても強力だ。湯田は140キロ中盤の速球、切れ味鋭いスライダーを持つ好投手。甲子園では打たれる試合もあり悔しい思いを味わった。その経験を糧に秋では敵なしの投球を見せていきたい。

 高橋は胴上げ投手となった。2年生ながら優勝のマウンドにいたのは、19年の履正社岩崎 峻典投手以来(東洋大)となる。

 仁田は、能力自体は世代トップクラス。140キロ後半の速球はかなりの切れ味があり、スライダーの精度も抜群。あとは厳しい場面を抑えられるほどの安定感、投球術がどれだけ身につけることができるか。このハードルを乗り越えられると、仙台育英としても、かなり戦いやすくなる。

 さらに、野手も中心メンバーがほぼ残っている。

 正捕手・尾形 樹人捕手(2年)、強打の一塁手・住石 孝雄内野手(2年)、強肩巧打のショート・山田 脩也内野手(2年)、巧打の外野手・齋藤 陽選手(2年)、俊足センターの橋本 航河外野手(2年)とセンターラインががっつりと残る。

 特に尾形がいるのは大きい。今年の仙台育英は全員140キロ超えの投手陣が注目されたが、その投手陣を率いていたのが尾形だった。毎試合、相手を抑えるための配球を1球1球、神経を注ぎ、投手が投げやすいように、それぞれの投手での構え方も違った。これほど守備に気を遣いながらも、16打数7安打をマークした。

 多くのチームが新チーム始動をしていて、かなり遅いスタートになるとはいえ、ほぼ主力が緊迫感のある甲子園の戦いを経験しているのはかなり大きい。

 また、1,2年生のベンチ外も優秀な選手が多く、厳しい競争を勝ち抜いて、秋の大会でベンチ入りするのはどんな布陣になるのか。秋初戦から見逃せないだろう。

 まずは秋は厳しい戦いを勝ち抜いて、二季連続出場を果たすことができるか。全国舞台に立った時、優勝候補として注目される存在となりそうだ。

(記事=河嶋 宗一)