トーナメント表
神奈川大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 神奈川大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

関連記事
桐光学園、桐蔭学園にとっては今年こそ甲子園出場のチャンス。両校ともに投打の主力が揃う
2年生主体の横浜、総合力はNo.1の東海大相模の課題とは
今年の神奈川はプロ注目投手、強打者など公立、私立問わず多い年に

日程・結果一覧
神奈川TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 この夏、東海大相模との直接対決を制し、優勝を決めた横浜の注目選手を紹介したい。

 2年生に注目選手が集まる。中でも注目なのは、昨夏、1年生ながら10安打を記録した緒方 漣内野手(2年)。この夏も14安打を記録した。4打数4安打が2試合と抜群の守備力だけではなく、このコンタクト力の高さも魅力だ。

 2年生スラッガー・萩 宗久外野手も決勝戦でサヨナラ安打を放つなど、評価を高めている。

 正捕手で主将の玉城 陽希選手(3年)は広角に長打が打てて、安定したスローイング、勝負どころのインサイドワークなど捕手としての完成度が高く、今年の甲子園出場の原動力の1人だ。岸本 一心外野手(3年)は横浜隼人戦で一時は勝ち越しとなるソロ本塁打を放つなど、打撃力が非常に高く、横浜の外野手らしく守備力も高い。

 投手陣では、東海大相模相手に完封勝利を挙げた杉山 遙希投手(2年)は、2年生世代ではトップクラスの好左腕。完成度は非常に高く、強豪校相手にも好投が期待できそうだ。また、伸び盛りの好右腕・鈴木 楓汰投手(2年)も伸びのある快速球が光る。