目次

[1]浦和学院は期待のスラッガーが早くもスタメン 桐光学園、横浜の名門は4人ベンチ入り
[2]作新学院は怪物1年生が登板。西日本の名門校、強豪校も1年生がデビュー
[3]ベンチ入りもしくは試合出場している主な1年生たち


 4月が終わり、春季大会は西日本でほぼすべての大会が終わり、近畿、東海も大詰め。関東地区はすべて終了するなど順調に大会が進行している。

 その中で、早くも公式戦デビューしたスーパー1年生たちを紹介したい。中学を卒業する今年3月から評判が高かったこの世代だが、非常に期待が高いのがわかる。

浦和学院は期待のスラッガーが早くもスタメン 桐光学園、横浜の名門は4人ベンチ入り


 センバツベスト4の浦和学院(埼玉)では、京葉ボーイズ時代から騒がれたスラッガー・三井 雄心内野手が早速ベンチ入りし、スタメン出場もしている。センバツまでの浦和学院の布陣を見ると、パンチ力のある打者が少ない印象を受けた。そういう意味で、本塁打を連発していた三井が、高校レベルに順応すれば、大きな戦力になるに違いない。

 今春、2012年夏以来となる県制覇を果たした桐光学園(神奈川)は1年生4人がベンチ入りしている。最も活躍を見せたのが中村 優太内野手。湘南ボーイズ時代から活躍を見せており、ボーイズ代表のセレクションを受けるなど、評判が高かった。好内野手が多い桐光学園でいきなり遊撃手のスタメンの座を獲得し、評価を高めている。森 駿太内野手は横浜緑ボーイズ時代から俊足強肩巧打の遊撃手として評判が高かった。麻生ボーイズ時代から俊足で評判の矢竹 開外野手は一塁駆け抜け3.8秒、二塁到達は7.55秒を記録し、存在感を示している。さらに青葉緑東シニア時代から俊足センターとして評判だった中嶋 陸仁外野手もベンチ入りしている。

 130キロ後半の速球右腕として注目度が高かった紺野 凌生投手(宮城仙北ボーイズ出身)は横浜(神奈川)に進学し、ベンチ入りをしている。横浜では、その他、熊本を代表する捕手として評判だった栗山 大成、東都京葉ボーイズ時代から評判の捕手だった椎木 卿五、静岡裾野シニア時代から評判のスラッガー・井上 葵來内野手がベンチ入りした。

 大田水門ボーイズ時代から有名だった木更津総合(千葉)・千葉 雄斗投手は、本格派右腕として早くも130キロ後半の速球を投げ込む。長身から120キロ後半の速球を投げ込む井上 陸投手も期待の本格派左腕だ。野手の戦力が厚い木更津総合で1年春からスタメンを獲得したのが、羽根 徹平内野手。地元・木更津シニア出身で、169センチ、84キロと恵まれた体格を生かし、鋭い打球と強肩が光る。県大会優勝を果たした市立船橋(千葉)の工藤 将祐投手も130キロ前半の速球を投げ込む。

 好投手育成に定評のある専大松戸(千葉)では梅澤 翔大投手が登板している。130キロ前半の速球、スライダー、カーブを丁寧に投げ分ける。

 東京都では、センバツベスト4の國學院久我山から矢野 丈太郎外野手が出場。途中出場が中心だが、181センチ、84キロと、先輩よりもがっちりしていて、整列した時に背の大きさが際立つ。尾崎監督も走塁姿勢、練習に対する取り組みなどマインド面を高く評価し、ベンチ入りとなった。夏までさらに実戦力を身につけ、ベンチ入りを勝ち取ることができるか。

 市川シニア時代から評判の内野手だった宇野 真仁朗内野手(早稲田実業)は4回戦の帝京戦で、1番二塁でスタメン出場。不発に終わったが、中学時代は通算20本塁打を超える強打の遊撃手として評判だったたけにどんな進化を見せるか注目していきたい。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。