目次

[1]考え方の柔軟性が変わる
[2]リスペクトの思いと全力を注ぐ


 日本球界にとって新たな歴史を作ったメジャーのエンゼルス・大谷 翔平投手(花巻東出身)。リーグMVP獲得という偉業を達成し、「二刀流」の価値を世界に証明したが、ちょっと違う「二刀流」でプロの世界を目指す23歳の若者がいる。

 吉村 優投手。

 今シーズンから四国の独立リーグに所属する徳島インディゴソックスへ加入する150キロ右腕だ。高校時代は早稲田実業で3年間を過ごし、1学年後輩には清宮 幸太郎内野手(現日本ハム)がいた。2年生の夏にはベンチ入りを果たし、甲子園ベスト4入りを経験。最後の夏はエースとして活躍した。

 その後、大学では硬式野球部を継続せず、アメリカンフットボールに転向。司令塔であるクオーターバックとして活躍し、大学日本一を決める「甲子園ボウル」の舞台も経験した。現在はプロ野球選手になるために再び野球界に復帰したマルチスポーツの「二刀流」だ。

あわせて読みたい
■vol.1
早実エース→早大アメフト部→独立リーグ入団 常識外れな挑戦のルーツは?
■vol.2
アメフト経由でNPB挑戦 中等部出身組から「早実の背番号1」を勝ち取る
■vol.3
元早実エースはなぜアメフトに転向したのか?次の挑戦も「幻想」ではない
■コラム
2競技で「甲子園」経験 型破りな経歴でNPB入り目指す150キロ右腕が得たもの
■コラム
アメフト経由の150キロ右腕が明かす「早実野球」と後輩・清宮幸太郎の素顔

考え方の柔軟性が変わる


 米国では、シーズンごとに取り組む競技が変わることはよくあるケース。これから少子化が進めば、米国のように複数の競技をかけ持つことは十分にあり得ることだ。その点では吉村はパイオニアといえる存在かもしれない。

 吉村にマルチスポーツのメリットやデメリットなど、経験者だからこそ話せることを聞いた。

「学びが多く、視野が広がってくることで考えも柔軟性が出るので、1つの競技にこだわりすぎないことも良いことだと思います。ただ、一番大事なのは、受け入れてくれるチームにはリスペクトの気持ちをもって、全力で取り組むことが一番大事だと感じています」

 なかでも、考え方の変化で特に大きかったのは、過去にとらわれすぎないことだった。

 早稲田実業時代は制球力をウリにしていたが、アメフトを経て球速こそ上がったが、武器だった制球力は見る影もなかったそうだ。

 「(復帰した当初は)力加減ができず、前の自分の投球ができなかった」と常に全力投球しなければならない状態に変わってしまったが、「好調時に戻りたいという考えがなくなり、前日の自分を超える、自分の最高を更新する、新たな自分を作るんだ」と捉えられるようになったと話す。

 昔にこだわりすぎず、視野を広げて冷静に今の自分を見つめることで、現在は徐々にコントロール重視でも高出力ができるようになってきたという。さらに野球に特化してみても、マルチスポーツを経験したからこそ、メンタル面でも変化が生まれた。

「1つは相手の嫌がることをすることです。早稲田実業までは優しい性格でしたが、アメフトでは相手の裏をかくことが勝つために求められたので、戻ってきたときにマウンド上でも自然と考えられるようになり、投げる間合いとか小さな部分で、相手の嫌がることを考えるようになりました。
 もう1つは闘争心です。アメフトは『やらないとやられる』ような厳しいスポーツなので、相手に向かっていく姿勢は絶対に必要です。なので、今は必然的に気持ちを前面に出して投げられるようになりました」

 最速150キロを計測するまでに成長しているが、「メンタル面も関係していると思います」と分析。マルチスポーツを通じてメンタルが鍛えられることで、パフォーマンスも相乗効果で高まるのは、メリットの1つといっていいだろう。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。