高校野球ドットコムの人気企画・好きなプロ野球選手ランキング。今年は高校野球ファン、高校球児へ向けてインスタグラムのストーリーズ、YouTubeのコミュニティ投稿で募集を行った。すると投手・野手部門合わせて1000投票以上も集まる結果となった。今年はどんな選手たちがランクインしたのか。野手部門の順位は以下の通り。


8位タイ 19票
今宮 健太(ソフトバンク)
源田 壮亮(西武)
佐藤 輝明(阪神)


10位は19票で3人が並んだ。今宮選手は今季125試合に出場。パ・リーグを代表する遊撃手として長く活躍を見せている。そして球児が最も憧れるショート・源田選手はなんとこの順位。今年は大波乱の1年となった。佐藤選手は1年目から24本塁打。キャンプから豪打を打ち続ける姿を見てファンになった方も多いようだ。

7位 辰己 涼介(楽天) 20票
今季130試合に出場し、10本塁打をマーク。さらにゴールデングラブ賞を受賞し、守備の技術やひょうきんなキャラクターに好感を持ち投票したファンが多かった。

6位 鈴木 誠也(広島) 21票
今季は自己最多の38本塁打を記録。NPBを代表する5ツールプレイヤーとして憧れる選手も多く、多くの票を得た。

4位タイ 24票
藤原 恭大(ロッテ)
村上 宗隆(ヤクルト)


藤原選手は8月に月間MVPを獲得しており、来季ブレイクが期待される外野手だ。来季は1シーズンレギュラーとして活躍したら、どんな得票数となるか楽しみだ。そしてセ・リーグMVP、本塁打王の村上選手も4位となった。今季の活躍ぶりでファンも急増したようだ。

3位 柳田 悠岐(ソフトバンク) 48票
フルスイングが自慢の柳田選手は3位にランクイン。キャラクターの良さも加わり、トップ3入りを果たした。

2位 山田 哲人(ヤクルト) 51票
強打の二塁手として、今季の日本一に大きく貢献。村上選手とのコンビで盛り上げる姿は印象的で、ヤクルト以外の多くのファンからも人気を得ていました。

1位 坂本 勇人(巨人) 84票
昨年は2000安打を達成。ジャイアンツ、そして球界のの顔として活躍し続ける坂本選手の人気は素晴らしいものがある。