目次

[1]プロの弟、スーパー1年生などがランクイン!
[2]1位に輝いたのは名実ともに「今年の顔」となった選手

 2021年の高校野球は春のセンバツ、夏の甲子園、そして明治神宮大会も開催され、ファンにとっても大いに盛り上がりを見せたシーズンだった。そこで今回は今年、高校野球ドットコムの「選手名鑑」にアクセスされたランキング上位20名を発表する。全国から今年の高校野球界を盛り上げた球児が名を連ねた。

プロの弟、スーパー1年生などがランクイン!

20位 阪口 樂内野手(岐阜第一
「岐阜の大谷翔平2世」として注目を集めた二刀流がランクイン。完成度の高いスイングは大谷を彷彿とさせ高校通算27本塁打をマークした。ストレートの最速も143キロを計測する本格派で投打でチームを牽引した。日本ハムにドラフト4位指名を受け、打者としてプロの世界へ挑戦する。

19位 関戸 康介投手(大阪桐蔭
大阪桐蔭入学直後から期待されていた最速154キロ右腕。明徳義塾中から大阪桐蔭へ進学し、タレント揃いだった投手陣の一角を担った。今春センバツのマウンドでは制球難で持ち味を発揮できず、最後の夏は登板機会なしで終わった。進路は投手育成に定評がある日本体育大へ進学予定。大学野球の舞台で復活を期待したい。

18位 田村 俊介投手兼外野手(愛工大名電
名門・明徳義塾中から愛工大名電(愛知)に進学した二刀流は、最後の夏もポテンシャルを発揮した。エースとして球国・愛知で最後の夏は東邦中京大中京享栄の「私学4強」に勝利して甲子園出場を果たし、聖地では本塁打も放った。春季愛知大会では左利きながら三塁守備もこなしたことで話題を呼んだ。ドラフトでは広島に4位指名を受け、投打で活躍が期待される選手のひとりだ。

17位 大野 稼頭央投手(大島
この秋、随一の大躍進の立役者といえば大島の大野だろう。奄美大島が生んだ怪腕は秋季鹿児島大会でチームを初優勝に導くと、九州大会でも勢いは衰えず、引き分け再試合を含め3試合を完投。決勝では九州国際大付(福岡)に敗れたが、準優勝で来春センバツ出場をほぼ手繰り寄せた。最速146キロの直球とカーブ、スライダーを織り交ぜる器用な投球術が持ち味。離島の大エースが聖地で躍動する姿が待ち遠しい。

16位 緒方 漣内野手(横浜
注目度が急上昇したのが8月11日。夏の甲子園、広島新庄との1回戦だった。2点ビハインドで迎えた9回裏、一死二、三塁の場面で左翼スタンドへサヨナラ3ランを放ちスーパー1年生としてその名を全国区にした。本塁打直後は高校野球ドットコムのサーバーも一時ダウン。中学生の頃から逸材として注目してきたが、期待以上の活躍ぶりでこの夏を大いに盛り上げた。

15位 池田 陵真外野手(大阪桐蔭
今年もタレント揃いだった大阪桐蔭の主将を務め、夏の大阪大会準決勝の関大北陽戦では9回に同点弾、決勝の興國戦ではサヨナラ打を放ち2季連続甲子園へ牽引した。持ち前の勝負強さ、執念を大一番で発揮し名門・大阪桐蔭の主将にふさわしい活躍で大きな功績を残した。

14位 清宮 福太郎早稲田実業
日本ハムでプレーする清宮 幸太郎内野手(早稲田実業)の弟ということで注目を集めた。181センチ、97キロと恵まれた体格でスイングも鋭く、スケールの大きさを感じさせた。甲子園出場はならなかったが、東京都の高校野球を大いに盛り上げた。

13位 大塚 瑠晏内野手(東海大相模
主将として10年ぶりのセンバツ優勝へ牽引した。センバツでは途中でベンチを離れたが、遊撃手としての技術は世代トップクラスだった。打撃もパンチ力があり野球センスを感じさせる世代屈指の遊撃手のひとりだ。

12位 松浦 慶斗投手(大阪桐蔭
北海道から大阪桐蔭へ入学しエースとして君臨した185センチ、94キロの大型左腕。最速150キロの本格派でタレント揃いだった大阪桐蔭の投手陣を牽引した。ドラフトでは日本ハムに7位指名を受け、地元球団でプロの道をスタートさせる。小学生の頃は日本ハムJr.に選出されており、再び「ファイターズ」のユニフォームに袖を通すこととなった。

11位 前川 右京外野手(智辯学園
1年夏から名門・智辯学園(奈良)の4番に座るスラッガーは常に注目を集めてきた。ラストイヤーには2季連続甲子園出場を果たし、夏の甲子園では2本塁打をマーク。特に2回戦の横浜(神奈川)戦でのバックスクリーン左への一打は強烈なインパクトを残した。高校通算37本塁打を記録し、ドラフトで阪神に4位指名を受けた。稀代のスラッガーとしてプロの舞台でも甲子園で豪快な打撃を期待したい。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。