2022年の高校野球で注目の一校となりそうなのが、兵庫の名門・東洋大姫路だ。春7回、夏12回の甲子園出場歴があり、1977年夏には全国制覇に輝いている。原 樹理(ヤクルト)、甲斐野 央(ソフトバンク)など多くのプロ野球選手も輩出しており、全国クラスの強豪として高校野球界を盛り上げてきた。

 しかし、原 樹里を擁して8強入りした2011年夏を最後に甲子園から遠ざかっており、近年はなかなか存在感を発揮できないでいた。そんな中、今秋の県大会中に藤田明彦監督が来年3月限りでの退任を表明。選手たちはそれに奮起するように勝ち進み、3位で近畿大会出場を決めた。

 躍進の原動力になったのが、エースの森 健人(2年)。身長169㎝と小柄だが、制球力が高く、巧みな投球術で凡打の山を築いてきた。

 近畿大会では夏の甲子園準優勝校の智辯学園と対戦。旧チームからレギュラーが総入れ替えになったとはいえ、能力の高い選手が揃っているチームだ。この強敵を相手に森は6安打完封。2対0で投手戦を制し、センバツ出場に一歩近づいた。

 勝てばセンバツ出場が当確となる準々決勝では大阪桐蔭との対決となった。序盤こそ互角の投手戦を繰り広げたが、2巡目に入ってから相手打線に捉えられ、0対5で敗戦。甲子園行きを確実にすることはできなかった。

 近畿地区のセンバツ出場枠は6。3位校かつ準々決勝で完敗と選出には厳しい条件が揃っていたが、「厳しいかなと思いますが、信じて練習しようかなと思います」と藤田監督は試合後に話していた。センバツの出場有無に関わらず任期が終わるまでは従来通りに指導を続ける予定だという。

 明治神宮大会で大阪桐蔭が優勝したことで近畿地区の出場枠が一つ増え、センバツ出場の可能性が少し高くなった。藤田監督のラストを甲子園で飾ることはできるだろうか。