人との出会いは不思議なものだ。現在、開催中の高校野球秋季九州大会で、今年のセンバツ準優勝の明豊を5回コールドで破り、ベスト4入りした九州国際大付の背番号2の姿を見て、そう思った。

 現チームの背番号2は、野田 海人捕手(2年)が背負っている。昨年のチームから正捕手で、背番号2を背負い、秋の新チームからは主将にもなった。強肩、好リードはもちろんのこと、本塁打が打てる長打力を兼ね備えた5番打者だが、さらにもうひとつの「肩書」がある。

 マウンドに上れば最速145キロ右腕に「変身」する。背番号2でマウンドに上がっている姿は、カメラのファインダー越しに見ても、ちょっぴり違和感はあるが、それ以外は本格派右腕と何ら変わりはない。直球が速いだけでなく、スライダーの切れも良く、低めのボール球だと、新チームがスタートしたばかりの今の秋の打撃陣では見極めるのは困難で、打ち崩すのも難しい。

 現チームの背番号1を背負うのは左腕の香西 一希投手(2年)。コントロールと切れで勝負タイプで、基本的には香西が先発し、野田がリリーフという勝ちパターンでここまで勝ち上がってきた。野田は福岡大会決勝では完投をマークするなど、それぞれが完投能力がある。

 夏までの山本 大揮柳川 大晟の両右腕がいたチームとは少々スケールは違うが、個々のポテンシャルの高さは、九州国際大付のメンバーの伝統だといえる。



清水 優心(九州国際大付出身)

 九州国際大付の背番号2で思い出した選手がいる。日本ハムの清水 優心捕手だ。打てる捕手として「城島二世」とも呼ばれ、3年夏は甲子園を経験し、2014年ドラフト2位で日本ハムに入団した。

 彼も「持っている」男だと感じた。3年夏の福岡大会初戦。北九州市民球場で行われた九州国際大付の初戦で清水は4番でスタメン。その第一打席で、いきなり左中間へ本塁打を放った。高校ラストの夏初戦。プロ入りを目指していたスラッガーが、高い意識を持って臨んだ試合だった。雨も降るなか、スタンドには10球団のスカウトが視線を注いだ。その、最初の打席で「答え」を出して見せたのだ。

 夏の甲子園に出場したが、東海大四に初戦で敗れた。当時、話題となった超スローボールを使用する西嶋 亮太投手を打ち崩せなかった。清水自身は4打数2安打だったが、超スローボールを見せられた最後の打席は空振りの三振に終わった。

 打てない焦りと、そんな相手の「揺さぶり」にまんまとはまってしまった。現在は、その敗れた東海大四の地元、北海道でプロ野球選手となっているが、西嶋投手との交流は続いているという。