今年の秋季関東大会で初優勝を収めた明秀日立。関東大会3試合で4本塁打、打率.351、25得点を挙げた攻撃力が注目されるが、実は無失策の守備も見逃せない。そんな明秀日立の守備陣の儀式について迫っていく。

 今年の明秀日立は内野手、外野手ともに鍛えられている。外野手はウエイトトレーニング成果もあってスローイングのレベルが高い。内野手では増田 陸のグラブをもらったセカンドの辻 天成は、打球反応がよく守備が軽快。遊撃手の平野 太智も、フットワークも軽快で、二遊間がしっかりしている。そして三塁・小久保 快栄はウエイトトレーニング効果でスローイングが格段に良くなった。

 選手たちはイニングの始めに守備位置まで走った後、深々とお辞儀を行い、グラウンドの土をならしている。特に時間をかけてお辞儀と手でならしていた小久保はこう語る。

「これはチームの約束事で、足でならすより、手でならすほうが気持ちがこもり、ありがとうという気持ちで守っています」

 小久保の発言から見てもわかるように、明秀日立の選手たちはボールの扱いが丁寧だ。何においてもきっちりとしている。月並みのことかもしれないが、強打だけではなく、丁寧に野球をやる姿勢が堅い守備にもつながり、関東大会優勝の一要因となった。

 明秀日立の優勝を見て思うのはフィジカル、野球の技術、取り組みの三要素が合致したこと。そつなくこなすだけでも、豪快な野球をするだけでも駄目。どちらも成り立ち、高いレベルで頂点に立つことができた。

 振り返ると、前チームの取材に訪れた時、金沢監督は選手たちのポテンシャルの高さを評価しつつも、準備を早く行う、アップをダラダラやらない、そこを厳しく見ている方だった。

 初の明治神宮大会。これまでと違い人工芝の環境にどう対応していくのか。丁寧かつ豪快な野球で大暴れしてもらいたい。

(記事:河嶋 宗一