智辯和歌山の優勝で沸いた第103回甲子園。非常にキャラが立った投手といえば、近江の2年生右腕・山田 陽翔の名前が浮かぶ。馬力の強さを生かした投球フォームから繰り出す最速146キロのストレートと、切れ味鋭いフォークを武器に、大会5試合すべて登板し30回を投げ、31三振を奪った。打席では本塁打を放ち、投打に躍動した。そんなニュースターの大会を振り返る。

気迫溢れるマウンド捌きで幾度のピンチをくぐり抜ける



山田 陽翔(近江)

 「あの場面での熱投といいますか、気迫が凄まじかったです。2年生とは思えない。3年生に勝るとも劣らない投球でした」

 準決勝、智辯和歌山戦の5回一死満塁を0点に抑えた2年生右腕の魂を込めた投球に、近江・多賀監督は心を震わせ、感動していた。

 幾度のピンチを強気のマウンド捌きでくぐり抜け、雄叫びを上げながらベンチに戻る姿は勇ましかった。

 山田の強気が、勝利を呼び込んだ試合といえば、2回戦の大阪桐蔭戦が挙げられる。

 大阪桐蔭は、初戦の東海大菅生戦では3本のホームランを放ち、前評判通りの実力を発揮。そんな打線を前にすれば、並の投手なら気持ちが怯んでしまうところだろう。 

 しかし、山田は違った。

 2回までに4点を先行されても、恐れることなくインコースを突き、大阪桐蔭のバットからは鈍い音の方が多くなっていった。

 続く3回戦の強打・盛岡大附戦でも同じだ。どんどん内角をついた。ファウルゾーンに大飛球が何度も飛んだが逃げなかった。「島瀧さんのミットに投げれば大丈夫だ」と気持ちを強くもって投手有利にカウントを整えて、10奪三振を記録した。

 山田も「懐を突いていかないと、強打者相手に力勝負では通じませんので、甲子園を通じて攻める気持ちが大事なことを学びました」と恐れることなく投げきることの重要さを実感していた。