智辯学園ナイン

 智辯学園は大きな勝利を手にした。強力打線と好投手2人を擁して優勝候補の呼び声高かった。明徳義塾との大きな一番が優勝への大きな壁となると思っていた。そこで勝ち取ったサヨナラ勝ち。「優勝」への大きなステップとなる一戦だったと思う。

 9回に1点を勝ち越され、迎えたその裏。岡島 光星のサヨナラ打で劇的な勝利を収めたが、勝利のポイントはその前にあった。

 9回表、ソロ浴びた直後、智辯学園の小坂監督は、それまで好投を続けてきた西村 王雅から小畠 一心にスイッチさせた。あらゆる「危機」を取り除く決断だった。

 まずは西村の精神的な疲労からくる、その後の失点の「危機」からの回避。西村は何を仕掛けてくるか分からない明徳義塾打線を相手に、マウンドで神経を使っていた。7回は一塁走者をケアしすぎるあまり、安打を浴びて一死一、二塁のピンチを背負った。最後は内角直球を左翼フェンスぎりぎりまで運ばれた。前川のスーパーキャッチに助けられていたが、球威が落ちていた。代木に許した一発も直球。小坂監督も、それを感じ取っていたから、決断は早かったのだろう。

 さらに、明徳義塾打線を目覚めさせたくなかった。高知大会から甲子園まで、好投手を攻略してきた明徳打線は、いわゆる「かさにかかって攻める」パターンが多かった。それを防ぐために、力で押すタイプの違った投手をぶつけた。

 案の定、交代直後に山蔭がセーフティーバントを仕掛けてきた。山下主将の冷静な守備でアウトにしたが、投手交代の一呼吸がなかったら、うまくいったかどうか分からない。その後、満塁のピンチを招くがが、力で押し切った小畠が内野ゴロ併殺で乗り切った。押せ押せムードの明徳に「仕事」をさせなかった。

 今大会は表の攻撃で勝ち越しても、その裏に逆転するパターンが多い。試合途中でも1点は取られても2点目以降を防ぐことで、相手に完全に流れをもっていかれなければ、逆転するチャンスはある。守りの上での粘りが最終的に勝ちにつながっている。

 この試合も4回に明徳義塾が先制するが、その後の二死二、三塁をしのいだ。するとその裏に智辯学園が同点に追いついた。しかし、その後の一死二、三塁を、明徳義塾の守りが防いで、終盤まで互角だった。お互いにもう1点をどう取るか、どう守るか。そこがポイントだったかもしれない。

 だから智辯学園・小坂監督は9回裏に無死一塁でも送らず強行させた。捨て身の戦法ではあるが、1点を取りにいかずに2点を取りに行った。動揺したマウンドの明徳義塾・吉村にピンチを乗り切る精神力は残っていなかったのかもしれない。満塁から死球、サヨナラ安打…。智辯学園は流れに任せればいいだけだった。

 あともう一押し、ダメ押しができるかどうか。準々決勝第4試合も、神戸国際大附が9回二死から4点を奪って追いついたが、追い越すことができず、その裏にサヨナラ負けを喫した。思い起こせば、大阪桐蔭近江に逆転されたように、横浜に9回に逆転サヨナラ3ランを打たれた広島新庄のように、あと1点取っていればと悔やまれる試合は多かった。

 しかし、あと1点取れなかったから弱かったわけではない。あと1点をやらなかった方が強かっただけだ。

(記事:編集部)