2018年金足農ナインと藤原恭大(大阪桐蔭)

 2018年の甲子園で大きく旋風を起こしたのは金足農だ。強豪校を次々と破る快進撃は多くの高校野球ファンを感動させた。その中心だったのが、エースの吉田 輝星だっただろう。伸びのある剛速球を次々と三振を奪う投球は爽快感があった。ただ当時の金足農は、どの選手も個性的で一瞬で吉田以上の話題をかっさらった選手も多い。今回、紹介する菊地 彪吾はそんな選手だろう。

 今回は決勝戦で対戦した大阪桐蔭との印象について話をしていきたい。いずれ高校球児の中でも大阪桐蔭と対戦する機会が出てくるはず。こういうイメージなんだと知っておきたい。

 鹿児島実大垣日大横浜近江日大三といった名門校を続々と破り、決勝進出を決めた金足農。菊地も決勝に勝ち進んだことについて「ついにきたな」と達成感を抱いていた。年明けから誓っていた全国制覇。それも現実味を帯びてきた。ただ菊地は、試合前から大阪桐蔭の選手たちのただならぬ雰囲気を感じていたという。

 ライトを守っていた菊地はすぐに違いを感じた。
「吉田は守っていて計算がしやすいというか、このコースにいけばライトにいくとか、空振りが取れる、打ち取れるボールだというのがイメージができて、実際にその通りの結果になるんです。ただ大阪桐蔭の選手たちは違っていて、これは打ち取れるだろうと思うコース、ボールに対して、バットが追いついてものすごい打球を飛ばすんです。自分たちの予測が外れる。こんな感覚は初めてでした」

 連投の疲れもあっただろう。ただそれでも勢いあるボールを次々と捉え、さらに本塁打になる打球もライトから見送った。

 相手投手の柿木 蓮(北海道日本ハム)の剛速球にも凄さを感じていた。菊地は柿木の前に2打数0安打に終わった。それでも十分にやりきった思いはあった。

 これは大阪桐蔭と対戦経験のある選手の一意見だが、今年も初戦で3本塁打を放っており、やはり甲子園に出てきた大阪桐蔭は非常に怖い。それは共通認識と見て間違いない。

(取材・文=河嶋 宗一