好投手の裏には「いい女房役」がいるものだ。

 智辯学園のエース左腕、西村 王雅投手(3年)が強豪横浜打線を抑えて、好カードを制した。初戦で最終回に逆転勝ちした粘りの横浜相手に、先発8回まで無失点に抑えてみせた。その好投の裏には、植垣 洸捕手(3年)の存在がある。

 西村には剛速球はない。制球力に裏打ちされた投球術が武器だ。その生命線でもあるのが、低めの球である。直球にしても、変化球にしても、ストライクにしても、ボールにしても、西村が投げる低めには意味がある。しかし、ボール球にする変化球を捕手がポロポロと後ろにそらしていては西村も安心して投げられない。打者との駆け引きで低めのボールを振らせようとしているのに、暴投が怖くて投げられなくては宝の持ち腐れになる。

 植垣のキャッチングには決して後ろにそらさない、そんな気迫が感じられた。東京五輪で金メダルを獲得した侍ジャパンには、ソフトバンク甲斐の存在が大きかったと言われる。「甲斐キャノン」の強肩だけでなく、インサイドワークでも、キャッチングでもレベルが高い。投手が安心して投げられるのだ。

 西村との共同作業でもあるが、配球も絶妙だった。3点を先制した直後、6回表で無死二塁のピンチを背負った。その後、二死一、二塁となり、大きなポイントを迎える。そこで6番宮田 知弥に対して初球内角直球でストライク。その後、緩い外のカーブでひっかけさせてファウルを打たせると、最後はすっと直球で詰まらせて二塁ゴロに打ち取った。内角、外角で揺さぶり、最後は緩急で打ち取った。走者がいない場合の直球と、走者がいる場合の直球もあきらかに力の入れ方が違っていた。

 植垣は打席でも勝利に大きく貢献した。4回一死から4球連続ファウルで粘った末に四球で出塁。3点先制のきっかけとなり、先制のホームを踏んだ。ボール球に手を出さない選球眼は、植垣だけではない。4番の山下 陽輔が選んだ3回の四球、4回の押し出し四球は、いずれも低めのチェンジアップを見極めた結果だった。横浜バッテリーにすれば誘った球に、多くの打者が手を出してくれない。自然とコースが甘くなって打たれる。見極めることの大事さを、この日8四死球を選んだ智辯学園打線が教えてくれた。

 植垣は初戦で死球を受け、上あごの骨にひびが入っていた。万全の状態ではないが、横浜戦でスタメン出場した。小坂監督が起用した理由がよく分かった。

(取材・文=編集部)