目次

[1]自主練習が大きなカギ
[2]選手たちは自分からできると暗示をかけるようになる

 戦国千葉と呼ばれるほど激戦区。その中で、近年、最も実績を残しているのが木更津総合ではないだろうか。

 2003年夏の甲子園出場から、計夏7回、センバツは2回(木更津中央時代含めると3回)の甲子園出場だ。2012年以降、10年連続ベスト8以上、独自大会を含めると計8回の県優勝を決めている。この夏も明豊を破って話題となった専大松戸相手に延長13回の激闘を演じている。千葉といえば、秋、春、夏ごとで勢力図がガラッと変わる。その中で夏にこれほどまで安定した強さを発揮する木更津総合は脅威的だ。

 なぜ木更津総合は夏に強いのか?その理由の一端を知るべく法政大の山下 輝に話を聞いた。


自主練習が大きなカギ


 木更津市出身の山下は岩根西中時代にKボールの選抜チームである千葉ファイターズに選ばれ、優勝を経験。甲子園で活躍する地元の強豪・木更津総合に憧れ、進学を決断する。

 中学時代は投手だったが、投手、野手の両方を行うと、負担がかかるため、しばらくは野手に専念する。打撃でも結果を残し、山下は1年夏からベンチ入りしたが、戦国千葉と呼ばれるほどの緊張感のある戦いだった。

 「とにかく最初は緊張でやばかったですね」と振り返る。ドラフト候補に挙がる峯村 貴希(日本大)とバスで一緒だったが、移動中はずっと無言だった。そんな中でも先輩たちは緊張する自分たちを見かけて優しく声をかけてくれたという。

 2年生、3年生になると徐々に緊張がほぐれてきた。木更津総合は年末に走り込み中心の御宿合宿や、春の大会が終わると、トレーニングの量も増えてくるが、夏を戦う上で一番大きかったのは全体練習後に行われる1時間あたりの自主練習が大きかったと振り返る。

 篠木 健太郎がいた時に取材に訪れた時、日中は紅白戦など全体練習を行った後、1時間かけて選手たちは捕球練習、打撃練習、投手はランニング、シャドーピッチング、投球練習など選手それぞれがやりたい練習を行う。この練習は大きな意味があった。