近年の高校野球界のトップランナーを走るのは大阪桐蔭だろう。2018年の春夏連覇など、春夏通算8度の全国制覇を誇る名門校にはTOINのユニフォームに憧れ全国から有望な選手たちが集結する。今回はそんな常勝軍団・大阪桐蔭を率いた過去5年の歴代の主将たちを紹介する。

進学先でも主将、幹部に就任


2016年 吉澤 一翔(枚方ボーイズー大阪桐蔭-早稲田大-大阪ガス)
2017年 福井 章吾(箕面ボーイズ-大阪桐蔭-慶應大)
2018年 中川 卓也(大阪福島シニア-大阪桐蔭-早稲田大)
2019年 中野 波来(明石ボーイズ-大阪桐蔭-青山学院大)
2020年 薮井 駿之裕(大東畷ボーイズ-大阪桐蔭

 吉澤 一翔は高校時代、3年春のセンバツで後にチームメイトとなる木更津総合早川 隆久と対戦している。

 進学した早稲田大では副主将を務め、リーグ戦通算48試合に出場し、打率.183、本塁打4本を記録した。卒業後は大阪桐蔭での一学年先輩の田中 誠也が在籍する大阪ガスでプレーする予定。

 2017年のセンバツ優勝に牽引した福井 章吾は西武の森 友哉に憧れて大阪桐蔭への進学を決めた。大阪桐蔭からは初めて慶應大に進み、3年次は2季連続でベストナインに輝いている。今シーズンから主将に就任し、大学でもチームをまとめる存在となった。

 2018年春夏連覇の立役者である中川 卓也は、根尾 昂藤原 恭大柿木 蓮横川 凱と4名の高卒プロを輩出したタレント集団をまとめ上げた。U18日本代表でも主将を務め、進学した早稲田大では、1年春からリーグ戦に出場し、現在31試合に出場している。

 中野 波来は2年時からベンチ入りを果たし、春夏連覇を経験。2年春の大阪大会準決勝では代打で特大3ランを放った。高校卒業後は青山学院大に進学し、福井の世代で今季から同大の主将を務める泉口 友汰とともにプレーする。

 薮井駿之裕は近年の大阪桐蔭では異例の背番号2桁の主将だ。昨夏の甲子園交流戦での東海大相模との試合では、8回に決勝の2点タイムリーを放った。

 そして今年の大阪桐蔭を率いるのはは忠岡ボーイズ時代、U15日本代表で主将・4番を務めた経験もある池田 陵真だ。昨秋は近畿大会で準優勝を果たしセンバツ出場を当確としている。府大会では3試合連続弾を記録するなど打線でも中軸を担う。

 毎年のように名選手が主将を務める大阪桐蔭の選手たち。大学でも主将、幹部を任される選手も多く高校野球引退後も話題を呼んでいる。大阪桐蔭戦士には今後も目が離せない。


関連記事
【ギャラリー】高校時代の福井 章吾 (大阪桐蔭)
大阪桐蔭、履正社、東海大仰星。今年の大阪私学3強の主将が全員実力派!
福井章吾の代は7名が大学野球部の幹部に!