2020年のドラフトでは世代No1スラッガーの井上 朋也が福岡ソフトバンクに1位指名を受け、6年連続でドラフト指名選手を輩出している埼玉の強豪・花咲徳栄。2015年から夏の埼玉大会5連覇を果たし、2017年夏には初の全国制覇も達成した。今回は近年の常勝・花咲徳栄を支えた歴代の好投手たちを紹介していく。

「高校ビッグ3」高橋、17年優勝投手・清水など


2015年 鎌倉 知也(愛甲リトルシニア-花咲徳栄-平成国際大)
2016年 高橋 昂也(久喜リトルシニア-花咲徳栄-広島)2016年2位
2017年 清水 達也(深谷市立藤沢中<埼玉県選抜>-花咲徳栄-中日)2017年4位
2017年 綱脇 慧 (東京城南ボーイズ-花咲徳栄-東北福祉大)
2018年 中田 優斗(大和市立つきみ野中-花咲徳栄-城西国際大)
2018年 野村 佑希(太田市リトルシニア-花咲徳栄-日本ハム)2018年2位
2019年 中津原 隼太(東村山リトルシニア-花咲徳栄
2020年 高森 陽生(にかほ市立象潟中-花咲徳栄

 鎌倉 知也は中学時代、神奈川県愛甲郡に拠点を置く愛甲リトルシニアでプレー。170センチ、75キロと小柄な体格ながら力強い直球を投げ込み、最後の夏で背番号1を勝ち取った。4年ぶり3回目となった夏の甲子園では初のベスト8進出に牽引した。

 高橋 昂也は3年夏の埼玉大会では6試合で52奪三振を記録。U-18日本代表にも選出され、履正社寺島 成輝横浜藤平 尚真と並び「高校ビッグ3」と評された。プロ入り後は2019年にトミージョン手術を受け、19年、20年シーズンの一軍登板はない。2021年シーズンは再起が期待される。

 同校初の全国制覇の立役者となった清水 達也は中学時代、深谷市立藤沢中の軟式野球部に所属し、埼玉県の選抜チーム「埼玉スーパースターズ」に選出されKボールの全国大会に出場した。リリーフエースとして3年夏の甲子園では全6試合に登板し優勝投手となった。U-18日本代表にも選出され、同級生の西川 愛也と共にドラフト指名を受けプロ入りを果たした。プロ3年目を終えた昨季まで通算16試合に登板し、3勝3敗、防御率4.14を記録している。

 最後の夏、背番号10の綱脇 慧は埼玉県大会では4試合、甲子園では全6試合に先発し埼玉大会3連覇と全国制覇に貢献。進学した東北福祉大では1年秋の仙台大戦ではノーヒットノーランで優勝を果たし、明治神宮大会出場へ牽引した。

 2018年はのちにプロ入りを果たす野村 佑希中田 優斗がエースナンバーを背負った。最後の夏は野村が背番号1となり、甲子園では2試合で先発した。中田は一つ上の先輩である清水とよく似たテイクバックの大きな投球フォームが特徴で2回戦の横浜高戦では5回6奪三振1失点と好投し、最速を145キロに更新した。

 小学生の頃はジャイアンツJr.にも選ばれている中津原 隼太は3年春にサイドスローに転向。そこから急成長を遂げ、3年夏の3回戦、正智深谷戦では11奪三振のノーヒットノーランを達成した。

 高森 陽生は2年夏の明石商戦で甲子園のマウンドを経験。2019年の秋季関東大会8強入りへ牽引した。甲子園交流戦では開幕試合で大分商と対戦し5安打6奪三振1失点で完投勝利を果たした。

 そして現役には高安 悠斗堀越 啓太松田 和真の140キロ超え3名を揃え、今チームもハイレベルな投手陣を作っている。良き伝統を受け継ぐ花咲徳栄の今後の戦いぶりにも目が離せない。


関連記事
140キロ以上が4人の投手陣、強打者、巧打者揃いの強力打線を誇る花咲徳栄の逸材を徹底分析
花咲徳栄、習志野、山梨学院ら雪辱誓う各地の強豪校たち
清水達也、豆田泰志に続け!埼玉西武ジュニアユースに選ばれた大化け候補の3人の好投手たち