目次

[1]秋の公式戦4試合で得点41、失点36/アメリカで学んだ楽しむ野球が奇跡を起こす
[2]練習は部員の自主性を重視

 夏の独自大会も秋季都大会も上位に進出したわけではない。けれども強く印象に残っているチームがいくつかある。

 中でも、夏と秋に奇跡を起こした城北を、一押しチームとして紹介したい。

秋の公式戦4試合で得点41、失点36


 夏の独自大会で番狂わせであったのは、東東京大会の2回戦で城北が、2年連続準優勝の都立小山台を破った一戦だった。

 この大会は、試合ごとにベンチ入りメンバーの入れ替えが可能だった。2回戦の先発は、この試合から登録された2年生の島田 開斗だった。島田はスローボールを巧みに使い試合を作り、3年生のエース・中村 陽紀につなぎ、2対1で逃げ切った。

 3回戦は、巨人にドラフト5位で指名された二松学舎大附秋広 優人に3安打に抑えられたが、強い印象を残した。

 夏はロースコアのゲームを守り切ったが、秋は、全く違う野球で驚かせた。

 秋季都大会の1回戦は、前年の夏の西東京大会優勝校の國學院久我山だった。雨中の試合は、7回表に國學院久我山が8点を入れ、16対4の12点差。コールド負けは目前だった。しかし國學院久我山はエースに代わり、控え投手をマウンドに送る。そこから城北の猛攻が始まり、7回裏に10点、8回裏に4点を入れ、18対17と奇跡の大逆転勝ちを成し遂げた。

 城北は1次予選の都立足立西戦でも3回裏に8点を入れられたが、4回表に8点を入れて逆転勝ちしている。秋は公式戦4試合で得点41、失点36という大荒れの試合をしている。

アメリカで学んだ楽しむ野球が奇跡を起こす

 たとえリードされても、めげずに逆転できるのはなぜか。門多元監督は、早大学院の出身だ。早稲田実業斎藤 佑樹(日本ハム)とは同世代になる。大学は早稲田大学の国際教養学部に進んだ。在学中にアメリカに留学し、当地の大学でコーチ研修をする機会を得た。そこで楽しんでやる野球に接する。「それを持ち帰り、指導者になった時に、そういう環境を作ってあげたい」と心に決める。

 早稲田大学は大学院まで進み、卒業後は多摩大聖ヶ丘などの勤務を経て、2年前から城北の監督に就任している。

 野球を楽しむという姿勢は、練習でも試合でも変わりはない。國學院久我山に12点リードされた後も同じだった。「僕が滅入っちゃうと、彼らも下を向く」と語る門多監督は、明るく励ました。「批判もあるかもしれませんが……」と断りつつも、監督自らガッツポーズもした。その雰囲気が、奇跡を起こした。