目次

[1]沖縄尚学を苦しめた知念
[2]知念を苦しめた沖縄工/興南を苦しめた日本ウェルネス沖縄と豊見城

 2020年、沖縄の秋は沖縄尚学具志川商興南与勝がベスト4で幕を閉じた。その後に行われた一年生中央大会でも興南沖縄尚学で決勝を戦うなど、長らく二強を形成してきた私学を筆頭に、具志川商与勝の4校が中心となって2021年も動いていくのだろう。

 ここでは敢えてこの上位4校以外から2021年に躍進するだろうと思われる注目校を挙げてみる。

沖縄尚学を苦しめた知念


 2020年秋季大会。優勝した沖縄尚学を一番苦しめたのが知念だ。一、二回戦とコールドで勝ち上がってきた沖縄尚学。三回戦で対戦した知念との戦いでは、一転して我慢比べの展開となった。

 初回、下地 泰世知念 大成の連続二塁打であっという間に1点を奪った沖縄尚学。これまで同様、ここも一気に打線が相手を飲み込むのかと思われたが、知念がそれを一蹴する。

 1回裏、知念は1番・國吉 翔太が四球を選ぶと2番・仲里 洸哉がセンター前ヒット。その後二死となったが、5番・與那覇 慧伍のしぶとい当たりはセカンドの頭上を襲う。二者が生還し逆転した。ちなみに沖縄尚学が逆転されたのは、このシーンだけである(九州地区高校野球大会も含めると延岡学園も含む)。

 知念の先発・伊佐 拓真は、2回から4回まで沖縄尚学打線をノーヒットに抑える好投。しかし5回、二死無走者から、もったいない死球を与えてしまう。盗塁と知念 大成のタイムリーで同点に追い付いた沖縄尚学。伊佐 拓真は6回にも下位打線に連打を浴び二・三塁とピンチを招くも、次打者を三振に斬り得点を許さない。

 7回から二番手としてマウンドに上がった銘苅望空斗も3、4番を連続三振に斬るなど好ピッチング。延長10回、自ら出した四球の走者を犠打で進められ、味方のエラーで決勝点を奪われたが、二人であの強力な沖縄尚学打線を僅か7安打と封じたことは自信に繋がっただろう。

 打線は9回裏、沖縄尚学エース後間 翔瑚からヒットと四球二つを選び二死満塁とサヨナラ寸前とする粘りを見せるなど、最後まで沖縄尚学を苦しめた。

 伊佐 拓真、銘苅望空斗に加え、沖縄工戦で好投した與那覇 慧伍の投手陣を中心とした堅守と、ここぞというときの集中力はある。國吉 翔太と仲里 洸哉の後を任せられる中軸が冬トレでパワーをつけた姿を見せれば、沖縄尚学興南と十分戦えるだろう。