2021年を迎えた沖縄県高校野球。コロナウイルス次第では、正直大会の開催も危ぶまれるところもあるだろうが、みんなの思いは一つ。終息してくれること。そしてまた、大好きな野球に打ち込めるようになること。そんな2021年になるよう祈願しつつ、2021年の注目選手を二人挙げたいと思う。

宮城大弥に続け!快速左腕・山城京平(興南)


 まずはストレートが140キロを超えてくる興南の快速左腕・山城 京平を紹介する。まだ一年生の秋、敗色濃厚となった三回戦沖縄水産との戦いで終盤の2イニングに登板した。その後一年生中央大会に出場。一回戦のKBC学園未来沖縄とのゲームでその名を挙げた。

 KBC学園未来沖縄戦で先発した山城 京平は5つの四死球を出すなど制球に苦しむ一方、8回を除く毎回奪三振をマーク。13個もの三振の山を築き完封勝利を収めた。準々決勝の名護戦では終盤の3イニングと1/3を投げ2安打無失点。準決勝を休み、決勝戦のマウンドへ。ライバル沖縄尚学打線に手も足も出させず、5安打7奪三振完封勝利。長打を1本も許さず、宮城 大弥(オリックス)や勝連 大稀(ソフトバンク)らもなし得なかった大会優勝に貢献した。(宮城 大弥は投げず4番センターで出場。北山に8-9で敗れている)

 一年生中央大会での成績は21回と1/3イニングを投げ23奪三振。防御率0.00と、完璧なピッチングだった。

 より成長した姿を見せたい春だったが、日本ウェルネス沖縄の打線に捕まり敗退。2020沖縄県高等学校野球夏季大会でも日本ウェルネス沖縄とぶつかった三回戦、リードされた二番手で登板したものの流れを食い止めることが出来ないまま終えた。

 しかし迎えた秋。みたび日本ウェルネス沖縄とあいまみえた興南山城 京平興南プライドにかけても、同じチームに三連敗は許されない。先発のマウンドに上がった山城 京平は、2回を除く毎回奪三振。4回以降、日本ウェルネス沖縄打線をノーヒットに抑え3安打11三振で完封勝利と、ベンチの期待に十二分に応える快投を見せた。

 準決勝では味方のエラーから失点を許したものの、2回以降具志川商に得点を与えない力強いピッチングを見せた。試合には敗れたが、秋の成績(順位戦を除く)は4試合に登板し自責点は僅かに2。防御率0.64、被打率.121、奪三振率9.00と一流投手の数値が並ぶ。

 偉大な先輩・宮城 大弥を持ってしても敗れた2019年最後の夏。その覇権を取り返せるかどうかは、県ナンバーワンのこの左腕に託されている。