第163回 佐倉シニアの恩師が語る2017年黄金世代の選手たち。プロ入り選手以外も実力派揃い2020年12月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今年、リトルシニアの強豪・佐倉シニアからは西川 僚祐選手(東海大相模)と度会 隆輝選手(横浜)の2名がプロ志望届を提出し、うち西川選手は千葉ロッテマリーンズに5位指名を受けた。2人は1年生時から注目を集める存在だったが、佐倉シニアのOBには他にも活躍した選手が多数いたことをご存じだろうか。

 この世代の選手たちが中学3年生だった2017年の佐倉シニアは、リトルシニア全国選抜大会にジャイアンツカップと2度の全国優勝、またリトルシニア日本選手権大会でも準優勝を果たすなど、まさに黄金期を作った世代だ。

 今回は、佐倉シニアの松井進監督にOB選手たちのお話を伺った。語っていただいたのは、東海大相模諸隈 惟大選手、健大高崎古滝 友哉選手、地元の習志野から角田 勇斗選手、小澤 拓海選手、堀井 遥斗選手、高橋 雅也選手の計6名だ。

各選手が主力として活躍した黄金世代



習志野で活躍した角田勇斗

 健大高崎の1番打者として活躍し、明治神宮大会準優勝にも大きく貢献した古滝選手。高校生としてはトップクラスの俊足を武器とし、「健大高崎らしい選手」の一人だったが、それは佐倉シニア時代から変わらない。

「当時から足がとても速くて、真面目な性格の選手でした。健大高崎が『機動破壊』で有名だったので、自分から行きたいと言って進学を決めました。あの子なりに考えていたと思いますし、健大高崎でも持ち味を活かしてよく頑張ってくれたと思いますよ。性格はおとなしい子でしたが、芯は強い子だったと思います。佐倉シニアに入団する時も一人で来ましたし、健大高崎に行くときも一人で県外に進学しましたから」

 また西川選手と共に、諸隈投手は東海大相模で1年生から公式戦へ出場。背番号1を背負い主戦としてチームを支えたが、そんな諸隈投手については、中学時代の意外な一面を明かした。

「諸隈は良いボールを投げていたのですが、ハートが弱くてフォアボールが続くとシュンとしてしまうところがありました。それでも東海大相模で精神的にも成長したと思います」

 また習志野では角田 勇斗選手が3番打者、小澤 拓海選手が2番打者、高橋 雅也選手は5番打者、そして堀井 遥斗選手は2番手投手ながら142キロ右腕として活躍。この代の習志野には「地元から甲子園に」と7名の選手が進学し、松井監督も「これだけ一つの学年から進学するのは珍しい」と驚きを見せる。中でも活躍を見せた4名の選手については、目を細めて中学時代を振り返る。

「角田はその年のトップバッターで、高校でも主力としてしっかり活躍してくれました。小澤は守備が上手い選手でしたが、中学時代は控えで高校で努力したのだと思います。高橋も中学時代は下位打線でしたが高校ではクリーンナップを打ち、堀井も諸隈との2枚看板で頑張ってくれましたね」

 佐倉シニアのOBには、高校2年生世代でも通算40本以上の本塁打を放っている有薗 直輝選手(千葉学芸)がおり、高校進学を控えた中学3年生にも及川 将吾選手、子安 秀弥選手といった実力派がいる。今後もOBの活躍から目が離せない。

(記事=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第172回 2年生だけで通算本塁打230本超。超強力打線・健大高崎を作り上げる打撃理論と練習法【前編】【野球部訪問】
第1031回 過去5年でもトップのハイレベルな開幕戦!プロ注目投手擁する北海vs神戸国際大附の見所!【大会展望・総括コラム】
第3回 健大高崎から再び怪童が。森川倫太郎がバックスクリーンを超える驚愕の特大弾!【センバツ2021】
第1029回 超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名【大会展望・総括コラム】
第1029回 高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs桐生第一【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs樹徳【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs専大松戸【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
健大高崎vs國學院栃木【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第1234回 潜在能力は歴代トップクラス。プロ志望の191センチの大型右腕・橋本拳汰(健大高崎)の 決意 【2020年インタビュー】
第1219回 最速144キロを誇る大型右腕・蓼原慎仁(桐生第一)。プロ野球選手&甲子園出場のために取り組んだ3年間 【2020年インタビュー】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1141回 入学当初の実力は同学年でも下位。下慎之介(健大高崎)がドラフト候補左腕まで成長できた理由 【2020年インタビュー】
小澤 拓海(習志野) 【選手名鑑】
高橋 雅也(習志野) 【選手名鑑】
西川 僚祐(東海大相模) 【選手名鑑】
古滝 友哉(健大高崎) 【選手名鑑】
堀井 遥斗(習志野) 【選手名鑑】
諸隈 惟大(東海大相模) 【選手名鑑】
度会 隆輝(横浜) 【選手名鑑】
健大高崎 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム