秋季都大会は東海大菅生の優勝で終えた。今回、ベスト16入りした都立校は都立小山台都立日野の2校だ。だが、楽しみな選手は非常に多い。そんな2校の逸材を紹介したい。

小山台の逸材を紹介!


 まず都立小山台の逸材からだ。今秋は帝京相手にコールド勝ち、日大三相手に0対1の1点差の接戦を演じた。その中で最も注目したいのは正捕手の森村 輝だ。180キロ・74キロとバランスの良い体格から力強いスイングを魅せ、高校通算15本塁打。キャッチャーとしてもフットワークが良く、矢のような二塁送球を見せる。

 福嶋監督も「上(大学)でもやっていける選手です。チームで一番足も速くて、一番肩も強い」と高く評価。近年、都立小山台の躍進もあり、入学する選手の水準も高まってきたが、野手としてはトップレベルの逸材であることは間違いない。

 エースの木暮 瞬哉投手(2年)は夏の東東京大会でも好投したサイドスロー林昌勇を参考にフォームを固め、130キロ前後のストレートをコーナーに投げ分けるさらに低めに集まる110キロ前後のスライダー武器に日大三打線を1点に抑えた都内屈指の技巧派右腕だ。

 そしてもう1人挙げたいのが三塁手・佐藤克哉。福嶋監督から「三塁・佐藤もいいですよ。結構力のあるストレートを投げるんですよ」と都大会のときに話を聞いていたが、野球部の取材で、初めて投球を見る機会があった。やはり魅力は断然、投手だ。180センチの長身から投げ込む速球は最速135キロ。佐藤の良さは縦回転で使える投球フォームだということ。上半身の使い方が非常によく、胸郭を使って、振り下ろす投球フォーム。将来的には140キロ以上を投げる可能性もあり、プロ入りした伊藤 優輔(巨人)みたいな成長を期待したい。