今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止ということで、春のセンバツ大会、春季地区予選~県大会、さらには夏の選手権大会などの大会が軒並み中止となった。

 そうした新型コロナウイルスの感染拡大に関してのニュースは避けられないというのは今年の現実である。それらのことを前提としての愛知県3大ニュース選定となった。

新型コロナ拡大防止で活動自粛の中、知多翔洋などが中心となって、「愛知県高校野球選手会」ミーティングをオンラインで実施



Zoomでのミーティングの様子 ※写真提供=豊野高校野球部

 新型コロナの影響で2月下旬に政府から休校要請が出され、さらに4月になって緊急事態宣言が発せられるにあたり、ほとんどの部活動が停止・自粛となった。そんな中で、県内では知多翔洋がホスト校となり音頭を取って豊野、岩津、富田、軟式の緑の5校野球部で、「今、自分たちに何が出来るのか」ということをテーマに選手たちがオンラインを通じて話し合った。

 これは常々選手たちに対して、「何のために高校野球をやっているのか」ということをテーマとして考えさせているという知多翔洋の伊藤 仁監督の発案によって、練習試合などでも交流のある学校に声をかけて実現したものだった。

 「もしかしたら、突拍子もない意見も出てきてしまうのではないかと心配もあったけれども、みんな極めて前向きな意見を出してくれて、これまで以上に高校野球に対する取り組みの意識が高くなってきて、さらに姿勢が違ってきたのではないかと感じた」
と、その成果はあったと感じていた。

 ともすれば勝利至上主義で、勝った負けたという結果だけにその評価が偏ってしまいがちな高校野球。もちろん、勝負事であり、勝利を目指していくという姿勢は不可欠なものではあるが、それ以前に部活動の一つとして教育の一環という立ち位置の中で、選手たちが社会などを見つめながらも高校生という立場で自分たちで考えていくことに意義があった。

 今の状況下で何が出来るのかということを自分たちの言葉で他校の選手たちと話し合える機会を作ったということに価値があったのだ。

 インターハイの中止がいち早く発表され、高校野球の夏の大会がまだどうなるのかわからないということで、「なぜ、高校野球だけは特別なんだ」ということもネットなどでも意見されていた時期でもあった。そんなタイミングの中で話し合われたことも、「なぜ高校野球をやっていくのか」ということを考える意味にもなっていただけに、その効果は大きかった。