大学野球で主力選手となる選手はほぼ高校時代に主力を経験もしくは控え選手であっても公式戦に出場をしている。

 関東学園大の2年生捕手・比護 涼真木更津総合出身)は高校での公式戦は出場0だった。千葉の高校野球ファンの方ならばご存じかもしれない。比護はいわゆる「声」という部分を評価され、ベンチ入りした選手だ。

 高校時代は2年生からベンチ入り。そして秋から主将を務めた。2018年、千葉県野球場など木更津総合が登場する試合にいけば、とにかく彼の声が響き渡っていたのを覚えている。常に声を出し、周りの気配りにも長けていた。2018年夏の甲子園に出場したチームは投打ともに能力が高い選手は多かったが、全国レベルの強豪校と対戦してもひけをとらないほど力強く、粘り強い戦いができていたのは、比護の統率力が大きかったといえるだろう。

 あれから2年。比護は関甲信リーグ一部に所属する関東学園大の正捕手となっていた。4年生に正捕手がいたが、その正捕手が就職活動のため、参加ができない日々が続き、比護にその役割が回ってきた。

 「自分ができることは、打てる選手ではないので、投手の持ち味を引き出すリードをして、勝利に導くことだけです」
 と語るように、実に粘り強いリードを実践する選手だ。スローイングも実直な彼らしい確実性の高いスローイング。2.00秒~2.10秒とタイム的には突出したものではないが、ベースへ一直線上へ伸びていくスローイングができる。

 比護は「自分は肩が強くないので、捕ってから投げるまで速い動作を意識しています」と弱みを認めながら、カバーする姿勢が見て取れた。

 何より驚かされたのがカバーリングのダッシュ力だ。比護は内野ゴロが飛んだ瞬間、猛然とダッシュして一塁ファールグラウンドのフェンスの近くまで走る。それについて問うと、「とても大事にしています。カバーをしっかりとしていかないと傷口を広げてしまうので」と、その言葉には説得力が詰まっている。

 比護は大学2年間で大きく成長したのが打撃だ。最初、木製バットに変わったとき、芯でとらえても外野へ飛ばすのがやっとどころか、外野までいかない時もあった。このままではいけないと思い、筋トレの方法を見直したり、打撃フォームを修正したり、試行錯誤を繰り返した結果、試合に起用できるまでの打力が身についた。

 まだ打てるというレベルではない。ただ「最初の時と比べれば成長はしていると思います」と手ごたえを感じている。

 関東学園大は樟南など甲子園出場校からの選手も入学し、実力派の大学である。そういう学校で、公式戦出場0の選手がこうして正捕手に定着できるのは勇気づけられる話であり、比護自身、自分の弱みを理解しながら、何かができるかを考えてプレーできる。

 そういう選手が正捕手に定着することは関東学園大が上昇するきっかけとなるだろう。

(記事=河嶋 宗一


関連記事
【ドラフトニュース】立正大・倉田 希など7名が提出し、133名に!
上武大のスラッガー・古川裕大(久留米商出身)がリーグ戦通算12号となる3ラン!攻守でアピール!
ドラフト候補右腕・平内龍太が5回を3安打1失点の好投!亜細亜大が駒澤大に逆転勝ち!