第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと2020年08月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 神奈川の独自大会制覇に向けて勢いを止めない東海大相模。今年も強力打線を武器に神奈川の頂点を目指す中、17日の甲子園交流試合でライバル・大阪桐蔭との一戦交えた。対戦カードが決まった段階から注目が集まった一戦は、終盤までもつれる大接戦の末に大阪桐蔭が4対2で勝利を掴んだ。

 一時はリードしていた東海大相模にとっては惜しい敗戦となった。それと同時にチームがさらなる高みへのし上がるきっかけとなる一戦となった。

ライバル大阪桐蔭から学んだチームとして、そして自分たちがすべきこと



山村崇嘉と西川僚祐

 「自分にとっては横浜大阪桐蔭は一番意識をしているチームで、本当にライバルだと思っています」

 大阪桐蔭戦で2番・ショートとしてスタメン出場した山村 崇嘉主将が、大阪桐蔭の印象について語った一言だ。毎年神奈川でしのぎを削り合っている横浜と同じく強く意識をもって大阪桐蔭との一戦に挑んでいた。

 そして、チームの主砲にして今秋のドラフト戦線で注目が集まる西川 僚祐大阪桐蔭について、「打線のつながり、そしてランナーが溜まった状態であれば必ず点数を獲ってくる」と同じく打線に自信を持っている東海大相模の主砲を担う西川でも、大阪桐蔭の打線を警戒していた。

 試合は7回の6番・神里 陸の一打で一時リードをしていたが、8回に大阪桐蔭の薮井駿之裕主将の一打で勝ち越しを許して敗れた。山村、西川ともにこの敗戦に悔しさを滲ませるが、山村は薮井主将の打撃から学べることがあった。

 「1球に対する執念に大阪桐蔭の強さを感じました。何としても出したかった場面で出た決勝打だったので、『凄いな』と感じました」

 大阪桐蔭のボールに対する気持ち、想いの強さに山村は大阪桐蔭の強さを感じ取った。それを踏まえたうえで大阪桐蔭との戦いの中で見つかったのは甘さだった。

 「初球から振っていく自分たちの野球が通じませんでしたし、甘さが出ました。技術も精神も大阪桐蔭のほうが上だったと思います」

 個人のバッティングとしても「甘いボールを捉えきれなかった自分の技術が足りていませんでした」と振り返っている。

 一方の西川は大阪桐蔭のチーム層の厚さを感じ取っていた。
 「初回に1番バッターにフェンス直撃の二塁打を打たれましたけど、ベンチから途中出場する選手たちもどんどんバットを振ってくるのは、実際に試合をして感じました」

 大阪桐蔭では11月から12月のシーズン終盤に育成試合という形で、秋の大会でベンチ外またベンチ入りをしても出場機会が少なかった選手を中心に起用。多くの選手に出場機会を与えていることでで実戦経験を積んでいるからこそ、西川が感じたように控えスタートでもきっちり試合で活躍が出来るのだ。

 また今回、藤江 星河と対戦を通じて対応力の向上を課題に掲げた。
 「真っすぐを狙いながらも変化球を投げられたときの対応力といいますか、その辺りの技術を磨いていかないと上の世界では通じないと感じました」

 19日には準々決勝で平塚学園と対戦する東海大相模。「勝てなかったのは悔しかったですが、これを糧に頑張りたいです」と山村は語ったが、公式戦はまだ残っている。数少ない残された試合で山村、西川、そして東海大相模というチームがライバルから学んだことをどうプレーで表現するのか。最後まで活躍を追い続けていきたい。

(取材=田中 裕毅)

関連記事
「今だからこそ両親に感謝しなさい」 帝京の前田三夫監督が3年生たちへメッセージ
9年ぶりの甲子園を狙う帝京。復活の予兆を見せた裏側に迫る
3年生に託した9回の攻防 臼井の執念のサヨナラ打で東海大菅生 東京の頂点に立つ!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs長田【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1266回 なぜJFE東日本に採用されたのか?天才・峯本匠(大阪桐蔭出身)を復活させた落合監督の熱いエール【後編】 【2020年インタビュー】
第1265回 蘇った天才・峯本匠(JFE東日本)の大阪桐蔭時代。2年秋のコールド負けを乗り越え頂点へ【前編】 【2020年インタビュー】
第149回 恩師が語る東海大相模・西川僚佑。「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」【高校野球コラム】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第1017回 いよいよ大阪は準決勝!大阪桐蔭vs履正社、東海大仰星vs山田の勝負のポイントを徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs鎌倉学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム