第134回 大器の片りんを見せた最速144キロ右腕・蓼原慎仁(桐生第一)が甲子園で見つけたプロ入りの課題2020年08月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 180センチ80キロの恵まれた体格を存分に生かした躍動感あるフォームから、角度を付けた威力のある140キロを超えるストレートを軸に打者を圧倒。初めての全国の舞台でたしかな爪痕を残すピッチングだった。

 注目選手の来田 涼斗中森 俊介を擁する強豪・明石商と互角の試合を繰り広げた桐生第一前橋育英健大高崎などが上位進出をしている中に割って入ろうという勢いだ。その桐生第一でプロ志望届を提出して甲子園を挑んだのが背番号11の蓼原 慎仁だった。

150キロ近いストレートを手に入れて夢の世界へ



蓼原慎仁

 セットポジションから始動し、きっちり左足を上げてから一度間を作ってタメを作る。そこから軸足を折りながらて重心を前に運び、右腕を上からしっかりと振り下ろしていく。高さを活かした角度がついたストレートは140キロを超えており、加えて縦に鋭く沈むフォークやチェンジアップを駆使する。

 このボールを使ったピッチングで明石商打線相手に2回投げて被安打1、与四死球3、奪三振1、自責点1という結果。既にプロ志望届を提出している蓼原にとっては1つアピールする結果になった。しかし蓼原のなかでは今回の結果には満足していない。

 「悪い中でも粘りの投球をすることが出来たことに関しては良かったですが、課題は残りました」

 蓼原の中ではアピールが不足していると感じていたが、プロ注目・来田と7回に対決して、ショートフライに打ち取った。そこに関しては「来田は絶対に抑えるつもりでしたので、『よっしゃ』と思いましたね」と少し笑みをこぼしながら語る。

 その来田は蓼原と対戦して「厳しいコースにボールが来ていた」と印象を語る。コントロールが課題だった蓼原にとっては成長を見せる評価と言えるだろう。だが、蓼原は「制球力が課題になりました」と納得はしていない。

 また自慢のストレートに関しても「150キロ近くは出せるようにしたいので、コントロールを磨いたうえで磨いていきたい」とストレートのさらなるレベルアップを誓った。

 プロ志望届を提出している蓼原。これからは運命の日まで練習を重ねて待つ日々となる。そんな蓼原のなかで尊敬する選手がいる。それが元プロ野球選手の日野茂氏だった。

 「小学3年生からZEROベースボールアカデミーというところに6年間通っていまして、そこの顧問が日野さんなんです。日野さんからは小さいころからキャッチボールといった基本的なところからきっちり教わってきました。ですので、自分にとっては尊敬する選手なんです」

 甲子園で見せた蓼原の角度を付けたストレートからは将来性を感じさせるものだった。尊敬する日野さんも経験したプロの世界へ飛び込むことが出来るのか。蓼原の運命の日は10月26日だ。


(取材=田中 裕毅)

関連記事
「今だからこそ両親に感謝しなさい」 帝京の前田三夫監督が3年生たちへメッセージ
9年ぶりの甲子園を狙う帝京。復活の予兆を見せた裏側に迫る
3年生に託した9回の攻防 臼井の執念のサヨナラ打で東海大菅生 東京の頂点に立つ!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
前橋商vs桐生第一【群馬県 2020年秋の大会 群馬県秋季大会】
明石商vs桐生第一【2020年甲子園高校野球交流試合】
第1219回 最速144キロを誇る大型右腕・蓼原慎仁(桐生第一)。プロ野球選手&甲子園出場のために取り組んだ3年間 【2020年インタビュー】
第1208回 全国の舞台で見るものすべてに衝撃を与える打撃を!廣瀬智也(桐生第一)の夏にかける想い【後編】 【2020年インタビュー】
第1192回 強豪チームを渡り歩いてきた廣瀬智也(桐生第一)が主砲を担うようになるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1026回 群馬の「2強時代」に終止符を。桐生第一はこの夏、強豪の矜持を取り戻す【野球部訪問】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第6回 安中総合(群馬)「健大高崎、前橋育英、桐生第一を打ち破れ!」【冬が僕らを強くする2020】
桐生第一vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
桐生第一vs桐光学園【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1046回 山田知輝(東洋大)「フライボールスラッガーは挫折をバネにプロの世界で花を咲かせる」【後編】 【2019年インタビュー】
第1045回 山田知輝「東洋大が誇る急成長株は、強い覚悟と決心をもって打者に挑んでいた」【前編】 【2019年インタビュー】
第937回 令和最初の戦国千葉を制するのは?専大松戸、佐倉ブロックが熾烈!【前編】【大会展望・総括コラム】
第924回 前橋育英を中心に優勝争い!対抗馬の一番手は健大高崎で樹徳や桐生第一も追いかける【大会展望・総括コラム】
習志野vs桐生第一【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
蓼原 慎仁(桐生第一) 【選手名鑑】
桐生第一 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム