第134回 下級生主体のチームで戦うことを選んだ加藤学園。3年生たちのためにもう一度甲子園へ2020年08月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

「3学年全員の力を結集して戦おう」。

 春夏通じて初めての甲子園の出場となった加藤学園。12日の鹿児島城西との試合では終盤のチャンスをつかんで見事に甲子園初勝利。

 初の甲子園で校歌を歌った加藤学園ナインのベンチ入りメンバーを見ていくと気になることがあった。

全国での勝利のために選んだ競争



甲子園初勝利を掴んだ加藤学園(*写真は昨秋東海大会県立岐阜商戦より)

 今大会は20人がベンチ入り出来るが、そのなかに3年生の選手がベンチ入りしたは6人だけ。残りは1、2年生がベンチ入りを果たしており、スタメンでは、1番ショート・太田 圭哉(1年)、4番レフト・植田 颯斗(2年)、8番キャッチャー・雨宮 快成(2年)、8番センター・佐野 陸斗(2年)と計4人の下級生が名を連ねた。

 今年は多くのチームが3年生を多く試合に起用する傾向にあるだけに、加藤学園はなぜ下級生が多いのか。その経緯について、4番・ファーストでスタメン出場を果たした勝又 友則主将はこのように語る。

「3年生とは話し合って、最後は3年生だけではなく3学年全員の力を結集して戦おうというのがありました。ですので、3学年でベンチ入りの競争をした結果、下級生が勝ち取ったという形になります」

 あくまで3年生だけではなく、チーム全員の力で初めての全国の舞台で白星を上げることが大事だと考え、ベストメンバーを選んだ結果、1、2年生が14人ベンチ入りを果たすこととなった。

 では先輩に代わってベンチ入りして、試合に出場した選手たちは何を感じながらプレーをしたのか。捕手の雨宮はこのように語る。

「3年生をはじめ、ベンチに入れなかった上級生の方が練習を手伝ってくださっているので、試合が出来るのは当たり前ではないと感じています。ですので、そういった方々への感謝の気持ちを忘れずに戦おうと言うことはチームの中で話ながら戦ってきました」

 勝又主将も雨宮と同じく、「この日までサポートしてくれた3年生に感謝しながら甲子園で試合が出来たと思います」と語っている。

 下級生たちは甲子園で躍動。1年の太田は2安打。守備でも好プレーを連発。佐野、植田も1安打ずつ、雨宮は完投勝利に導く好リードを見せた。

 多くの選手から「感謝」という言葉は取材をしている中で聞いてきたが、加藤学園にとっての感謝は一味違う「感謝」であることは間違いないだろう。そして鹿児島城西に勝利できたことは、3年生への恩返しになった。

 キャッチャーの雨宮をはじめ、1年生ながら1番に座った太田 圭哉など多くの下級生が甲子園を経験した。

 そんな加藤学園の新チームは例年の静岡大会代表という扱いで、県大会出場が決まっており、東部地区予選の順位決定戦からの登場となる。

 再び甲子園に戻ってきて全国の舞台で勝ち上がっていくことが3年生たちへの恩返しとなるはずだ。

(記事=田中 裕毅)

関連記事
「今だからこそ両親に感謝しなさい」 帝京の前田三夫監督が3年生たちへメッセージ
9年ぶりの甲子園を狙う帝京。復活の予兆を見せた裏側に迫る
3年生に託した9回の攻防 臼井の執念のサヨナラ打で東海大菅生 東京の頂点に立つ!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
加藤学園vs御殿場西【全国 2020年秋の大会 秋季東海地区高等学校野球静岡県東部地区大会】
加藤学園vs鹿児島城西【2020年甲子園高校野球交流試合】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1007回 加藤学園に追いつけ、追い越せ!好投手・高田琢登擁する静岡商ら、躍進の期待がかかる注目校【春季静岡県大会 展望】【大会展望・総括コラム】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第989回 【秋季静岡県大会】藤枝明誠や加藤学園などフレッシュな顔ぶれの来春以降の成長に注目!【大会展望・総括コラム】
県立岐阜商vs加藤学園【2019年秋の大会 第72回秋季東海地区高等学校野球大会】
加藤学園vs近大高専【2019年秋の大会 第72回秋季東海地区高等学校野球大会】
藤枝明誠vs加藤学園【静岡県 2019年秋の大会 秋季東海地区高校野球静岡県大会】
加藤学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム