第134回 チーム打率.382、20本塁打の強力天理打線を封じた秋田駿樹(広島新庄) 迫田前監督の教えを胸に躍動!2020年08月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]恩師から教わった、低めへの制球力は技術だけではない

 昨秋の大会でチーム打率.382で20本塁打と強力打線を擁する天理。それを4対2で下したのが広島新庄。守備をウリとするチームで、昨秋は2年生左腕・秋山 恭平が中心となって中国大会ベスト4まで勝ち進んだ。

 だが、天理戦で好投を見せたのは昨秋活躍した秋山ではなく、3年生のサウスポーエース・秋田 駿樹だった。

恩師から教わった、低めへの制球力は技術だけではない



秋田駿樹 ※写真は2020年1月の野球部訪問より

 ノーワインドアップから始動して、少しひねりを加えつつ重心移動の際に股関節を引き込むことで、下半身で力をしっかりタメて込んでいく。そこから力むことなくスリークォーター気味の高さから、下半身で作ったパワーを無駄なくボールに伝えて、130キロ台のストレートに大きく曲がるスライダーで天理打線を圧倒した。

 「警戒する打者に対しては何で攻めていくのか。しっかりと決めましたが、それ以外には基本的に低めに投げることを大事にして行きました」

 旧チームの夏の大会でベンチ入りした唯一の投手として秋田は「他の投手陣を引っ張っていけるように」と冬場の取材では覚悟をもって練習に取り組んでいた。しかし秋季大会中に肘に違和感を感じて戦線を離脱。2年生左腕・秋山 恭平に任せる形となった。

 その影響もあり、「春は恭平が先発となると思いますので、リリーフで投げる時はしっかり抑えられるようにしたい」とあくまで2番手以降での活躍を秋田の中でも想定していた。

 だが新型コロナウイルスの影響で選抜の中止どころか、練習も中止となった。秋田は実家の岡山に帰省して、ランニングを中心に練習を続けた。だが、肘の影響を考慮して自粛期間中はあまり投げ込まなかった。

 万全の体制で迎えた甲子園交流試合で秋田は好投を見せた。守備の広島新庄の良さを十分に発揮させる、打たせて取る投球で天理打線を封じた。特に素晴らしかったのは低めにボールが集まっていたこと。これが出来たからこそ、低めの変化球で空振りや打ち損じを誘うことが出来たことが考えられる。

 これに関しては、「ブルペンでは真っすぐが低めにボールが集まっていたので、その辺りは良かったです」と本人も納得の状態で投げていた。ではいかにして低めにボールを集めることが出来たのか。それは恩師の言葉だった。

 「あまりフォームに関しては意識はしていないんです。ですが、低めに投げることだけは考えてやっています。迫田守昭前監督からも『ボールが高めに浮くのは気持ちや意識の面にある』と冬場くらいに言われてきました」

 この春に退任した恩師の言葉を胸に、技術ではなく意識に目を向けて取り組んできた秋田。その結果が天理戦のピッチングだった。
 「甲子園のマウンドに立てたことは嬉しかったですし3年間広島新庄でしっかりやってきて良かったと思います。将来的には三振をとるのも大事ですが、打たせて取れるテンポの良い投手になりたいです」

 上のステージの継続を考えているという秋田。広島新庄、そして甲子園で学んだことを活かし、さらなるステージで成長した姿を見せて欲しい。

(記事=田中 裕毅)

関連記事
「今だからこそ両親に感謝しなさい」 帝京の前田三夫監督が3年生たちへメッセージ
9年ぶりの甲子園を狙う帝京。復活の予兆を見せた裏側に迫る
3年生に託した9回の攻防 臼井の執念のサヨナラ打で東海大菅生 東京の頂点に立つ!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
広島新庄vs天理【2020年甲子園高校野球交流試合】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第108回 広島新庄を4度の甲子園に導いた名将・迫田守昭監督が退任の経緯・後継者育成の重要性を語る【高校野球コラム】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
広島新庄vs尾道商【広島県 2019年秋の大会 秋季広島県大会】
広島新庄vs盈進【広島県 2019年秋の大会 秋季広島県大会】
第1017回 悔しい思い断ち切り 「みんなで」甲子園を獲る 木村優介(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第994回 「究極の技巧派」志し 広島新庄「右エース初甲子園」へ 桑田 孝志郎(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
広島新庄vs下関国際【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
広島新庄vs倉敷商【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
第431回 広島新庄高等学校 堀瑞輝選手 「強心臓を支えた自慢のスライダー」  【2016年インタビュー】
広島新庄 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム