第120回 帝京はなぜ9年ぶりの優勝ができたのか?1年間の軌跡を振り返る2020年08月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 独特の雰囲気で始まった東東京大会は帝京の優勝で幕が閉じた。多くのOBから帝京の優勝が祝った。そんな帝京がなぜ優勝できたのか、1年間の軌跡を振り返っていきたい。

転機となった加田拓哉 主将就任



東東京大会で優勝を果たした帝京

 まず今年の帝京にとって大きな転機になったのは主将・加田 拓哉。大阪出身の加田は中学時代も主将経験があり、主将はやりたくなかったという。

 それでも、「やるからには中途半端はやりたくない」と決意を固め、同学年でも厳しく指摘しあう雰囲気を作った。前田監督から加田のキャプテンシーを高く評価している。

 「良い働きをしています。今まで加田みたいなキャプテンはなかなかいません。悪いものは悪いと、そのメリハリがついていますし、最近の主将では一番。甲子園に出場した時の主将を見ているようです。

 選手の行動を変えるには、指導者よりも同級生からの指摘が一番だと思うんです。だけれど気持ちが優しいのか、傷つくことを恐れて、指摘はなかなか難しい。加田はそれができる。私が言いたいことは全部いってくれますし、頼もしいですよ。今までの主将は悪いわけではありませんが、どこか物足りなさがあった。加田は本当にいいです」

 そして秋の大会まで強打を磨き、秋6試合で合計8本塁打。手ごたえをつかんで、冬の練習に入り、順調に今シーズンへ向けて準備を進めていた。

【次のページ】 :帝京もコロナで長期の活動自粛 強打から1点を大事にする野球へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
帝京vs聖パウロ学園【東京都 2020年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
第74回 松本剛(帝京)「二度の都大会初戦敗退を乗り越え、3度目の甲子園出場は大きな価値があった」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1033回 この夏、名門復活の兆しを見せた帝京。11年ぶりの秋頂点を目指す新チームの戦力、課題に迫る【野球部訪問】
第130回 帝京に新風を吹き込んだ主将・加田拓哉(3年)復活を呼び込んだキャプテンシー 【高校野球コラム】
東海大菅生vs帝京【東京都 2020年 夏季東西東京都高等学校野球大会 東西決戦】
帝京vs関東一【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
帝京vs東亜学園【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
帝京vs日大豊山【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
第1012回 【東東京大会展望】シード校・堀越のブロックが最激戦区に!東東京は今年も熱い!【大会展望・総括コラム】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第1081回 覚醒のきっかけはダルビッシュ有。中西健登(国士舘)が東京都屈指のサイドハンドになるまで 【2019年インタビュー】
第953回 「守備の帝京」の象徴・大内智貴(帝京)。接戦になればなるほど際立つ野球センスの高さ! 【2019年インタビュー】
第949回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
加田 拓哉(帝京) 【選手名鑑】
小松 涼馬(帝京) 【選手名鑑】
田代 涼太(帝京) 【選手名鑑】
武者 倫太郎(帝京) 【選手名鑑】
柳沼 勇輝(帝京) 【選手名鑑】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム