第121回 マスターズ甲子園のような形で3年生たちを救済を…。柳井高校野球部の舛永監督の思い2020年06月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

トレーニング風景(※野球部提供)

 20日の発表後、多くの選手が落胆をしていたが、指導者、OB、女子マネージャーの励ましもあり、再び立ち上がり、25日から練習再開では前向きに取り組んでいる選手たちに舛永監督は尊敬の思いで見ていた。だからこそいろいろ案を発信し、大人たちと議論しあがっている。

 桝永監督のように現場に関わる方々が立ち上がっているのは、ただ野球をしたい、大会をして勝利を目指したいだけではなく、選手たちがこの3年間、上達のために、いろいろな悩み、葛藤を乗り越えながら、心身ともに成長をしていく姿を目の当たりにしているから。

 それが高校野球の本質であり、ここまで頑張ってきた彼らに、これまで成果を発表する舞台を与えてあげたいと思っているのだ。

 柳井高校の3年生の多くが高校で、プレーヤーとしての野球を終え、自分が就きたい職業を目指して、勉学に励む。

 一部の選手に話を聞いても、「真剣な野球は高校野球で終わり」と答える。そしてこう誓った。
「自分の野球人生の締めくくりだからこそ夏を迎えたい。そしてトーナメント方式ならば優勝を目指したいと思っています」

 小さな声、小さな活動も積み重ねていけば、将来、選手へ還元される。2020年はそのきっかけの1年になるかもしれない。


 柳井高校の3年生たちの思い、ここまでの3年間の軌跡、葛藤、夏の大会にかける思いは別の機会で紹介をしていきたい。

(記事=河嶋 宗一

関連記事
監督が動く!代替大会開催に向けて現場が生み出した「石川モデル」とは?
第114回 選手、そして周りの人たちの命と未来を考えて。福岡県高校野球連盟が下した、苦渋の決断の裏側
【緊急企画】母校や応援している高校の球児たちに、あなたのエールを届けよう!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第166回 2年連続東海大会進出の加藤学園など東海地区の2021年に注目すべきチームは?【高校野球コラム】
第165回 打倒・中京大中京!球国愛知の2021年の注目チームは古豪・国府と全三河Vの日本福祉大附【高校野球コラム】
第1030回 センバツ選考も難航か 2020年もハイレベルだった近畿地区の2021を占う【大会展望・総括コラム】
第1028回 3年ぶり「高卒ドラフト指名」に期待!四国地区高校野球・2021年を占う【大会展望・総括コラム】
第1033回 神村学園の独走を食い止めるのは? 求められる「500球制限」への対応【大会展望・総括コラム】
大森学園vs海城【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大豊山vs都立江戸川【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
都立小山台vs青山学院【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
中京大中京vs至学館【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
東邦vs春日丘【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
第1207回 通算19本塁打に最速141キロを計測する強肩。大型遊撃手・石橋昂樹(宗像)の身体能力はいかにして生まれたのか? 【2020年インタビュー】
柳井 【高校別データ】
コメント (1)
マスターズ甲子園 大会の件2020.06.06 荒木秀和
こんにちは。私はマスターズ甲子園本大会で撮影ボランティアとして活動しています。今回新型コロナで野球事態出来なかった選手達をもう一度甲子園を目指してもらうのは大賛成です。名誉会長の星野仙一もきっとそう願っておられると思います。実現した時には、ぜひ選手の嬉しさや楽しんでいる姿を写真の記録に残してあげたと思います。

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム