第114回 万里一空~すべての高校球児に贈るメッセージ2020年05月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]鹿児島高校野球部へ
[2]「野球がつないだ縁、この仲間を大事にせんといかんよ」

鹿児島高校野球部へ



取材に応じてくれた鹿児島高校野球部

 夏の甲子園開催可否が正式に決まる5月20日をどのように過ごそうか、思案した。

 「記者」という仕事柄を考えれば、どこかの野球部に「取材」に行って監督や選手の話を聞き、記事を書くのが本分だろう。実際「高校野球ドットコム」から取材依頼があった。だが正直なところ「そっとしておいてあげたら?」という葛藤もあった。

 ふと「取材」よりも、高校球児の気持ちになって「野球の練習」がしてみたいと思った。20代後半から30代前半にかけては「体験取材」「ペンとノートをグローブとバットに置き換えた取材」と称していろんな学校の練習に参加したことがある。

 さすがに40代になってからやる機会はなかったが、またやってみたくなった。いくつかの学校に問い合わせたら、鹿児島の上之薗大悟監督が「いいですよ」と承諾してくださった。

 鹿児島市犬迫にある鹿児島のグラウンドは、個人的な思い出がある。鶴丸での現役時代、練習試合の代打で1打席、守備は9回の1イニング守ったことだけが私の「試合経験」だ。守備についたのが鹿児島のグラウンドで対戦した菊池(熊本)戦だった。

 ユニホームを着て、グローブとスパイクを野球バッグに詰め、自転車で犬迫に向かう。グラウンドに上がるのに勾配のきつい上り坂がある。高校生の通学用自転車ではとても登れない斜度があるが、今乗っているのは長距離ライド用にも使用しているクロスバイク。テクニックと根性で何とか上り切った。

 練習はすでに始まっていて、アップをしていた。上之薗監督が鶴田 康太主将(3年)を指名してキャッチボールやトスバッティングの相手をしてくれた。「甲子園、なかったら辛い?」「辛いです」そんな会話を交わした。内面の葛藤は表に出さず、笑顔で突然現れたおっさんの相手をしてくれた。

 1、2年生がシートノックをしている間、3年生はウエートトレーニングをやっていた。あえて野球の練習をさせず、1、2年生のやっていることを見させていたという意図があったことは、後で上之薗監督が話していた。

 顔は笑っていても内面に葛藤があるのは鶴田主将と同じだ。「1年冬に亡くなったおじいちゃんと約束したんです」。加治屋翔太は言う。練習熱心で「春の県大会ではエース番号を背負うはずだった」と緒方勝副部長が教えてくれた。

 緒方副部長は高校の後輩にあたる。遅れてやってきた緒方副部長に受けてもらってブルペンで投球練習をした。一通り投げ込んで肩を作ると、やはり1、2年生が1本バッティングの練習をするので志願してマウンドに上がった。

 カウント2ストライクからだったが、思うようにストライクが入らない。ごまかしながら何とかアウトを重ねる。途中四球を連発した時は三塁で守っていた選手がタイムをとって寄ってきた。

 「上之薗監督から『上半身と下半身がバラバラで投げている』だそうです」

 ふと我に返ってまずは下半身を意識して投げてみた。それでも思うようにストライクが入らなかったが、4イニング分ぐらい投げて、1失点だったから急造投手としては及第点だろう。打者にしてみれば「練習にならない」と思ったかもしれないが、ストライクの入らない投手を攻略しなければならない場面も試合では必ず出てくる。

 マウンドを緒方副部長、さらに遅れてやってきた佃雄太副部長に譲った。佃副部長は先日、地元放送局の動画サイトの企画で「私が選ぶベストナイン」を担当した際、遊撃手のベストナインに選んだ。

 振り返れば01年3月、小学生のソフトボール大会の取材の合間に、当時6年生で以前から知り合いだった彼とキャッチボールをしたことがある。「グローブを見せてください」というので見せると「手入れをしていませんね? 毎日磨かないとだめですよ」と笑顔で言われた。

 小学6年生に「説教」されたのは後にも先にもこの1度きりだ。「道具を大事にする選手」ということで武岡台時代の彼をベストナインの1人に選んだ。「今、鹿児島で指導者になっている。道具の大切さを高校生に教えていることでしょう」と動画でコメントした。

 マウンドの佃投手と2度勝負して、ライト前とセンター前、2本のヒットを放った。投げ終わった後、19年ぶりにキャッチボールをした。


【次のページ】 「野球がつないだ縁、この仲間を大事にせんといかんよ」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
国分vs鹿児島高専【鹿児島県 2020鹿児島県夏季高等学校野球大会】
第7回 「出来るように取り組むのが責任」 福島県高野連は選手の想いを叶えるべく尽力する【独自の地方大会特集】
第5回 「高校野球のバーチャル開会式」で加盟校の入場行進が実現!石川モデル第二弾の背景に被災地への思いも【独自の地方大会特集】
第6回 北海道高野連「夏季北海道高等学校野球大会」開催に向け準備進む【独自の地方大会特集】
第4回 離島の多さもハードルの一つに 長崎県高野連・黒江理事長が語る独自大会への構想【独自の地方大会特集】
第3回 全国最多の規模を誇る愛知の独自大会へ向けての構想【独自の地方大会特集】
東京大vs鹿児島大【2020年 大学野球練習試合(交流試合)・春】
慶応大vs第一工業大、鹿児島国際大【2020年 大学野球練習試合(交流試合)・春】
鹿児島実vs神村学園【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs川内【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
第1032回 手応えを感じた高知遠征、成長を止めない鹿児島高校の2人 奥翔太 鶴田康太 【2019年インタビュー】
第730回 スピードよりも、制球とキレ 「甲子園に行くことしか考えていない」松本晴(樟南) 【2018年インタビュー】
有明 【高校別データ】
有明・末吉 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
大島 【高校別データ】
鹿児島 【高校別データ】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
鹿児島工 【高校別データ】
鹿児島商 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
鹿児島第一 【高校別データ】
鹿児島南 【高校別データ】
加世田 【高校別データ】
鹿東 【高校別データ】
鹿東・開陽・高特支・加常潤・市来農・串木野 【高校別データ】
甲南 【高校別データ】
国分 【高校別データ】
志學館 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
松陽 【高校別データ】
川内 【高校別データ】
垂水・財部連合チーム 【高校別データ】
吹上 【高校別データ】
福山 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム