第111回 1996年世代の高卒スターに負けじと大学4年間で這い上がった大卒2年目(1996年世代)の逸材たち2020年05月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

  1996年世代。高卒は3割30本塁打100打点を達成した経験もある岡本 和真智辯学園-巨人)、高校2年で甲子園優勝投手となった髙橋 光成前橋育英-埼玉西武)など甲子園を経験したスケール抜群の逸材が多い。

 一方、大卒2年目の選手たちは大学4年間で高卒に負けない実力を身につけていった。スター揃いの高卒選手に負けじと実力で這い上がろうとする大卒2年目の選手をピックアップ。

 今回紹介したいのは、大学4年間で上位指名の実力をつけ、かつ甲子園出場がない選手を紹介をしていきたい。



伊藤裕季也、辰己涼介、甲斐野央、中川圭太

甲斐野 央東洋大姫路-東洋大-福岡ソフトバンク)
 東洋大姫路から東洋大に進学した甲斐野は、大学時代は東洋大3人衆の一角として注目を集め、大学日本代表入り。最速158キロのストレートを投げる豪腕として評判だった。

 そして、2018年のドラフトで1位指名で福岡ソフトバンクに進むと、開幕戦で初勝利を掴むなど中継ぎ投手として65試合に登板し大活躍。侍ジャパンにも招集され、世界一に貢献した。現在は怪我からの復帰を目指す甲斐野投手。1日でも早い復活を期待したい。

<成績>
65試合 2勝5敗26ホールド8セーブ 防御率4.14

松本 航明石商-日体大-埼玉西武)
 兵庫の名門・明石商から県内を代表する右腕として注目されていた松本。松本は高卒からプロに行きたい気持ちはあったが、狭間監督の説得もあり、日本体育大へ進学。大学3年時には明治神宮大会の優勝に大きく貢献。150キロを超える速球、多彩な変化球、完投能力の高さ、抜群の制球力、強靭な精神力と投手として必要なものをすべて備わった投手である。プロ1年目は7勝に終わったが、1シーズンしっかりと投げきれるコンディションならば、二桁も十分狙える投手だ。

<成績>
16試合 7勝4敗 防御率4.54

高橋 優貴東海大菅生-八戸学院大-巨人)
 高校入学時は120キロ台。しかしここから東海大菅生3年間で145キロまでレベルアップ。最後の夏は準優勝。そして八戸学院大では150キロを超える速球を武器に東北地区屈指の好左腕として活躍した。巨人から外れドラフト1位指名を受けた高橋投手は5勝をマーク。93イニングも投げ、今年も先発候補として活躍を期待される。

 高橋投手はこの世代で唯一の速球派左腕。是非活躍を期待したい。

<成績>
18試合 5勝7敗 防御率3.19

【次のページ】 1996年世代の高卒スターに負けじと大学4年間で這い上がった大卒2年目(1996年世代)の逸材たち(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第274回 岡本和真を輩出した智辯学園期待の怪物スラッガー・前川右京の進化の軌跡【ドラフト特集コラム】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1116回 剛速球右腕・甲斐野央(福岡ソフトバンク)が振り返った激闘の1年目。2年目の目標達成のために掲げた3つの課題 【2020年インタビュー】
第51回 ほぼ外れなし。プロで次々と活躍を見せる歴代のU-18代表の4番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第195回 ポスト山川、柳田はこの中に!2019年・大学野球の主役は彼らだ!【ドラフト特集コラム】
第763回 すべてが理詰め ケーシー・マギーが伝える「バッティング・メカニズム論」 【2018年インタビュー】
第237回 智辯学園高等学校 廣岡 大志選手 「強烈なプラス思考を持った廣岡 大志」  【2015年インタビュー】
第200回 【侍ジャパン18U代表】智辯学園高等学校 岡本 和真選手 【2014年インタビュー】
第13回 第96回全国高校野球選手権大会 甲子園のヒーロー紹介&準々決勝の見どころ 【2014年選手権大会】
岡本 和真(智辯学園) 【選手名鑑】
甲斐野 央(東洋大姫路) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム