目次

[1]松山フェニックスで新たな道へ!
[2]社会人でも再び全国の舞台へ!

松山フェニックスで新たな道へ!


 2020年の四国野球公式戦先陣を切る形で新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客で開催された「愛・野球博 第68回春季四国地区社会人野球大会」。3月21日(土)・22日(日)の2日間、四国社会人全6チーム(うちT0KUSIMA ASTROSは出場辞退)が愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムに集い、春の四国地区社会人頂点を争いました。

 篠崎 康(捕手・178センチ89キロ・右投右打・帝京第五<愛媛>卒3年目)が最高殊勲選手賞と首位打者賞(9打席8打数7安打4打点)を受賞。4番を張る北尾 勇人(三塁手・182センチ87キロ・右投右打・鳴門<徳島>~龍谷大卒2年目)も7打数3安打1打点とドラフト候補にも名を連ねる選手たちも結果を残したJR四国が、2年ぶり13度目の大会優勝を飾る中、各チームでは多くのルーキーたちが公式戦デビューを飾ることに。その中でひときわ目を引いたのが、かつてセンバツを沸かせた松山フェニックスの右腕でした。

 亀岡 優樹。2014年は夏の愛媛大会準優勝に2年生エースとして貢献すると、秋は後に早稲田大に進む米田 圭佑とのバッテリーで愛媛県大会準優勝。四国大会では河野 竜生(北海道日本ハムファイターズ)が1年生エースだった鳴門(徳島)に2対5で敗れたものの、21世紀枠で82年ぶりに出場した2015年センバツでは、初戦で二松学舎大附(東東京)相手に136球8安打6奪三振4失点完投。

 打っても左腕・大江 竜聖(読売ジャイアンツ)に2安打3打点の大活躍で5対4で優勝候補に競り勝つと、準優勝した東海大四(現:東海大札幌・南北海道)相手にも7回まで0を並べる快投。最後は2対3で力尽きたものの、171センチの小さな身体で強豪に立ち向かうクレバーなピッチングは、多くの公立校に勇気を与えました。

 その後、最後の夏は愛媛大会ベスト4に終わったものの、進学校の矜持を示し現役合格した愛媛大では最速148キロ左腕・勝田 悠斗(津山<岡山>出身・現:徳島インディゴソックス)と共に1年時から主戦級の活躍を続けた亀岡投手。

 3年時には右ひじ手術を行う苦難もありましたが、ラストシーズンには復活を遂げた亀岡投手。今季からは「トレーナーを務めて頂いた松山東の時から大変お世話になった」川中 大輔氏が代表を務めるひまわりライフサポーターズにトレーナー業務を中心として勤務しながら「自分自身も大学を卒業して上でやりたい想いがあったところに声をかけてもらったし、仕事をしながら野球を両立させる中で四国の中で力のあるクラブチームとして都市対抗が見えている」松山フェニックスで再び頂点を目指すことになったのです。