目次

[1]侍ジャパンU18代表の永田監督は新天地へ
[2]北大津を強豪校に育て上げた宮崎監督も新天地へ


  4月は人事異動により、新監督の就任がよく話題になる。高校野球ドットコムでは改めて話題の監督就任、異動を紹介していきたい。

侍ジャパンU18代表の永田監督は新天地へ


 まず前報徳学園・永田裕治監督の就任が話題となった。永田監督は1994年に監督に就任。春夏合わせ18度の甲子園に出場し、甲子園通算23勝。2002年センバツでは全国制覇を成し遂げた。

 その期間、数多くのプロ野球選手を輩出し、広島東洋カープの期待のショート・小園 海斗選手のクラス担任でもありました。永田監督は部員100人超える報徳学園でも、全員が同じ練習を行う全員野球を徹底。1人あたりの練習時間は減るものの、1球当たりの集中力は増し、練習の効率が良くなり、選手の力量を大きく伸ばすことに成長した。

 こうした実績が評価され、2018年から侍ジャパンU-18代表の監督を2年間務めた。

 4月1日から就任した日大三島は春夏連続で1度甲子園に出場しており、2017年には静岡大会準優勝している。永田監督の就任で甲子園を毎年狙えるチームに成長できるか注目したい。

 石岡一は2009年に、川井政平先生が監督に就任してから強くなった。川井監督は波崎柳川時代にも、関東大会出場を導いた実績があり、高い指導力を発揮し、2016年春にはじめて関東大会出場。そして昨春は21世紀枠でセンバツ出場するなど、近年はコンスタントに県内上位に食い込むほどの強豪となった。

 川井監督は竜ヶ崎一に赴任。竜ヶ崎一は、過去に夏の甲子園9回、春1回出場の古豪。昨夏、昨秋秋ともにベスト8入りと、上昇傾向にある竜ヶ崎一をどう強くできるか注目だ。



大野 康哉氏

 大野 康哉監督の松山商の監督就任も話題だ。
 今治西での15年間で春6回・夏5回の甲子園出場に導き、2007年には熊代 聖人(埼玉西武ライオンズ)らを擁し秋田国体優勝を成し遂げている。

 松山商は、甲子園春20勝(16回出場・全国制覇2回)夏60勝(26回出場・全国制覇5回)の輝かしい実績から「夏将軍」の異名を持ちます。就任する大野監督は「松山商は19年間(2001年夏甲子園ベスト4)甲子園に出られていない現状があるので、甲子園出場へ向けて頑張りたい」とコメント。再び聖地に戻ることができるか。

 これまで松山商の監督だった重澤和史監督は今治西出身で、2009年夏の大会後から監督に赴任。重澤監督は川之江高時代、2002年には鎌倉健(元日本ハム)を擁し、夏の甲子園4強入りの経験があり、松山商では2012年春、2017年春には県大会準優勝。そしてドラフト候補として注目される堀田 晃投手(西濃運輸)など多くの好選手を育ててきた。赴任先は2006年にセンバツ出場経験のある今治北だ。