第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 2020年04月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]侍ジャパンU18代表の永田監督は新天地へ
[2]北大津を強豪校に育て上げた宮崎監督も新天地へ


  4月は人事異動により、新監督の就任がよく話題になる。高校野球ドットコムでは改めて話題の監督就任、異動を紹介していきたい。

侍ジャパンU18代表の永田監督は新天地へ



永田裕治氏

 まず前報徳学園・永田裕治監督の就任が話題となった。永田監督は1994年に監督に就任。春夏合わせ18度の甲子園に出場し、甲子園通算23勝。2002年センバツでは全国制覇を成し遂げた。

 その期間、数多くのプロ野球選手を輩出し、広島東洋カープの期待のショート・小園 海斗選手のクラス担任でもありました。永田監督は部員100人超える報徳学園でも、全員が同じ練習を行う全員野球を徹底。1人あたりの練習時間は減るものの、1球当たりの集中力は増し、練習の効率が良くなり、選手の力量を大きく伸ばすことに成長した。

 こうした実績が評価され、2018年から侍ジャパンU-18代表の監督を2年間務めた。

 4月1日から就任した日大三島は春夏連続で1度甲子園に出場しており、2017年には静岡大会準優勝している。永田監督の就任で甲子園を毎年狙えるチームに成長できるか注目したい。

 石岡一は2009年に、川井政平先生が監督に就任してから強くなった。川井監督は波崎柳川時代にも、関東大会出場を導いた実績があり、高い指導力を発揮し、2016年春にはじめて関東大会出場。そして昨春は21世紀枠でセンバツ出場するなど、近年はコンスタントに県内上位に食い込むほどの強豪となった。

 川井監督は竜ヶ崎一に赴任。竜ヶ崎一は、過去に夏の甲子園9回、春1回出場の古豪。昨夏、昨秋秋ともにベスト8入りと、上昇傾向にある竜ヶ崎一をどう強くできるか注目だ。



大野 康哉氏

 大野 康哉監督の松山商の監督就任も話題だ。
 今治西での15年間で春6回・夏5回の甲子園出場に導き、2007年には熊代 聖人(埼玉西武ライオンズ)らを擁し秋田国体優勝を成し遂げている。

 松山商は、甲子園春20勝(16回出場・全国制覇2回)夏60勝(26回出場・全国制覇5回)の輝かしい実績から「夏将軍」の異名を持ちます。就任する大野監督は「松山商は19年間(2001年夏甲子園ベスト4)甲子園に出られていない現状があるので、甲子園出場へ向けて頑張りたい」とコメント。再び聖地に戻ることができるか。

 これまで松山商の監督だった重澤和史監督は今治西出身で、2009年夏の大会後から監督に赴任。重澤監督は川之江高時代、2002年には鎌倉健(元日本ハム)を擁し、夏の甲子園4強入りの経験があり、松山商では2012年春、2017年春には県大会準優勝。そしてドラフト候補として注目される堀田 晃投手(西濃運輸)など多くの好選手を育ててきた。赴任先は2006年にセンバツ出場経験のある今治北だ。

【次のページ】 北大津を強豪校に育て上げた宮崎監督も新天地へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1030回 沖縄の春を徹底展望!V候補尚学、英雄戻った興南【大会展望・総括コラム】
第1029回 高卒プロ入り7名は過去5年と比較しても最多。2020年の神奈川高校野球は人材面では大豊作だった【大会展望・総括コラム】
第163回 佐倉シニアの恩師が語る2017年黄金世代の選手たち。プロ入り選手以外も実力派揃い【高校野球コラム】
第30回 強豪校がそろい踏み!2020年の「高校野球ドットコム」野球部訪問ランキングTOP10を発表!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第156回 2018年U-15代表の現在地。期待通りに成長した剛腕や予想以上の成長を見せた技巧派サイドなど多種多様!【高校野球コラム】
横浜隼人vs加藤学園vs国士舘【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
横浜隼人vs東京実vs滑川総合【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
小松vs松山商【愛媛県 2020年秋の大会 愛媛県秋季大会】
宮古vs北山【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1191回 中止のショックを乗り越え、感謝の思いを甲子園のマウンドで 沖政宗(磐城)の決意【後編】 【2020年インタビュー】
第1191回 古豪復活を誓う磐城に現れたクレバー型エース・沖政宗を変えた関西遠征【前編】 【2020年インタビュー】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
石川 駿(北大津) 【選手名鑑】
久保 貴大(佐賀北) 【選手名鑑】
熊代 聖人(今治西) 【選手名鑑】
小園 海斗(報徳学園) 【選手名鑑】
堀田 晃(松山商) 【選手名鑑】
涌井 秀章(横浜) 【選手名鑑】
度会 隆輝(横浜) 【選手名鑑】
安城南 【高校別データ】
石岡一 【高校別データ】
糸満 【高校別データ】
今治西 【高校別データ】
今治西伯方 【高校別データ】
磐城 【高校別データ】
いわき光洋 【高校別データ】
伊万里商・鹿島実 【高校別データ】
鹿島 【高校別データ】
嘉手納 【高校別データ】
宜野湾 【高校別データ】
鹿島 【高校別データ】
霧が丘 【高校別データ】
佐賀北 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
知立 【高校別データ】
西尾 【高校別データ】
日大三島 【高校別データ】
白山 【高校別データ】
白山 【高校別データ】
彦根総合 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
松山商 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜氷取沢 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
竜ヶ崎一 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム