第108回 新体制でスタートを切る横浜はドラフト候補集団2020年04月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

 2018年まで3年連続甲子園出場の横浜は昨秋、準々決勝敗退直後に、前監督・部長が退任し、激震が走った。4月1日、白山を実力公立校に育て上げた村田氏が監督に就任した。コロナウイルス感染の影響で、神奈川県の開幕は不透明。少しずつ夏へ向けて平常通り活動できる状況になれば、この夏の優勝候補になることは間違いない。今回は改めて横浜高校の注目選手を紹介していきたい。

注目選手を紹介!!



左から津田啓史、松本隆之介、度会 隆輝、木下幹也

まず投手は全国トップクラスの投手2人いるのが最大の強みだろう。エース・木下 幹也は恵まれた体格から投げ込む140キロ中盤の速球と130キロ前後のスプリットの威力は素晴らしく、スケール感たっぷりで、柳 裕也(中日)の高校時代をさらに力強くさせたタイプである。

 松本 隆之介は187センチ75キロと、今年の高校生左腕ではナンバーワンのスケールの大きさがある。最速148キロ左腕・高田 琢登静岡商)が注目されているが、夏の大会が実現し、昨年よりパワーアップした投球ができれば、一気に高校生ナンバーワン左腕と呼ばれる可能性は秘めている。

 また中学時代、U-15代表の金井 慎之介(新2年)も140キロを超える速球があり、2年秋には世代屈指の左腕と呼ばれそうだ。

 野手のレベルも非常に高い。度会 隆輝は本塁打も打てて、さらに機敏な守備も光る高校生トップクラスの内野手。度会と二遊間を組み津田 啓史も安定したスローイングと巧打が光る大型遊撃手。この2人はドラフト候補としてマークしていきたい選手。

 左のスラッガー枠では冨田 進悟(新3年)、安達 大和(新2年)に注目。パワフルなスイングから繰り出される打球は凄まじいものがある。

 高い打撃技術と強肩が光る捕手・立花 祥希(新2年)、強肩と守備範囲の広さが魅力の大型外野手・大手 晴(新3年)、三塁・一塁では安定感のある守備を見せる鬼頭 勇気(新3年)もバットコントロールが長けた左打者だ。

 本来であれば新体制も決まり、県大会へ向かうという時期だったが…。春の地区予選は中止が決まり、県大会開催も微妙な状況。ぜひ夏の大会が予定通り開幕できるほど、感染状況が収束し、高校野球ファンをワクワクさせるチームとなって登場することを願いたい。

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世那、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
相洋vs横浜商大高【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜商大高vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs神奈川工【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
金沢総合vs横浜翠陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム