• トップ
  • コラム
  • 高校野球コラム
  • 高校球児に伝えたい! こんなときだからこそできること ピンチをチャンスに 自分に向き合う時間を作る 髙司譲さん(フィジカルファクトリー代表)

第106回 高校球児に伝えたい! こんなときだからこそできること ピンチをチャンスに 自分に向き合う時間を作る 髙司譲さん(フィジカルファクトリー代表)2020年03月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]今できることを考え、自分をコントロールすることが大事
[2]目標とする選手のプレーを見て理想のイメージを持つ

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で学校は休校。センバツも戦時中の中断期間を除いて初めての中止となった。部活動をすることは言うに及ばず、学校に来ることさえできない状況が続いている。

 高校球児にとっては長い冬のトレーニングが明けて、対外試合が解禁になり、センバツや春の県大会に向けてようやく野球の実戦ができる時期にやってきた災禍に悶々としている選手も多いことだろう。

 先日、子供を連れて近所の公園に遊びに行った際、1人で練習している高校球児に会った。黙々と壁打ちをしている姿を見て「こういうときだからこそできることを広くアドバイスできないか?」を考えた。鹿児島県内で高校野球部を中心にフィジカル、メンタル両面でのサポート活動に取り組む髙司譲さん(フィジカルファクトリー代表)に聞いてみた。

今できることを考え、自分をコントロールすることが大事



髙司譲

:これまで誰も想定していなかった想定外のことが起きている中、野球部員だけでなく多くの中高生がいろんな不安を抱えていると思います。現場の指導者もどうしていいか分からずに忸怩たる思いをしているのではないでしょうか。

 だからこそ、今できること、やれることを、多くの野球選手のフィジカル、メンタル、両面でサポート活動をされている髙司さんからアドバイスをいただきたいと思います。

髙司:まずは「想定外」と思わないことですね。想定外と思ってしまうと立ち直れなくなってしまう。確かにショックも大きいし、心折れてしまうことかもしれませんが、東日本大震災にしても今回のコロナウイルスにしても、想定外なことが起こるのは仕方がないことです。発想を変えて、そこからどう一歩踏み出すかを考えるようにしたいところです。

 まずはピンチの状況を、いかにチャンスに変えるかという発想に切り替える。学校も行けない、チームの練習もできない、場所もない、「ないない尽くし」の状況の中で、「時間」だけは幸いたくさんある。何を感じて、何を考え、何に気づき、何に取り組むか?この時間でその力を向上させるチャンスととらえましょう。

 大事なことは「今この状況でできることは何かを考える」「自分をコントロールする」ことの2つです。

:何ができるか、具体的なことを挙げていただけますか?

髙司:やれる場所は家の中、周りと限られている。その中でまずは自分の弱点は何かを考えてみましょう。体力的なこと、技術的なこと、メンタル的なこと、心技体の何が自分の弱点かを考えると、何ができるか見えてきます。

 何より、体力を落としてはいけないので、それぞれの競技特性に応じた体力を維持するためのトレーニングをやりましょう。野球はスピード持久力が求められる競技なので、家の近くの坂道ダッシュのインターバルを繰り返す、坂がなければ短い距離のダッシュを繰り返すなどのランメニューは効果があると考えます。

 あえて自分の苦手なこと、嫌なことに向き合ってみましょう。例えば腹筋が苦手なら、徹底して腹筋だけをやってみるとか、柔軟性が足りないなら徹底してストレッチをやる。苦手なことに目を向けることが心の成長につながります。そこで培った忍耐強さ、我慢強さは、試合のギリギリの場面で必ず生きてきます。

:時間があって動けないからこそ、イメージを持って自分と向き合う時間を作るということですね。

髙司:心理学では「メタ認知」といいます。自分を一歩引いて第3者の目でみて考える。優れた選手、勝てるチームの選手は自分を客観的にみられる選手が多い。今をそういうことを鍛える期間ととらえるといいですね。

【次のページ】 目標とする選手のプレーを見て理想のイメージを持つ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第978回 記者は今、何を思う?30年以上、高校野球を取材してきた手束仁氏の手記「中止と決まった以上は...」【高校野球コラム】

コメントを投稿する

プロフィール

風岡尚幸1軍内野守備・走塁コーチ
髙司譲(たかし・ゆずる)
  • 1973年生まれ。鹿児島中央高、筑波大体育専門学群、同大学院体育研究科卒。卒業後、社会人野球・三菱重工横浜野球部のコンディショニングコーチ、トレーナー派遣業の会社で勤務した後、2004年9月、鹿児島に帰郷し個人でスポーツトレーナー業を始める。フィジカルファクトリー代表。
    資格:日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、健康運動指導士、スーパーブレイントレーニング(STB)2級コーチ、日本トレーニング指導者協会トレーニング指導者(JATI-ATI)、健康経営エキスパートアドバイザー
    所属学会など:日本スポーツ心理学会、日本トレーニング指導者協会
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム