まずは今の決定を肯定すること



 いずれにしても、この決定に対して賛成もあれば、反対もあるでしょう。そして、起きた現象に対して、「もっと早く、決められなかったのか」などと、非難したりすることで、その意見が正論であるかのような印象を与えかねない昨今です。
 私自身の個人的な思いとしては、「無観客でも、開催して欲しかった」というのは正直なところです。そして、主催者側もその可能性を最後まで模索していたのだと思います。ただ、決定側の立場は、外野でワイワイ言っている人たちよりも、その何倍も苦しんで悩んでいるはずです。まさに、苦渋の決断であったと思います。そして、決断に際しては常に勇気と苦悩が交錯すると思います。

 それでも、こうした中で、さまざまな意見が集まることは予想されます。そして、そんな意見の中に、身体的には感染していないのに、心が感染してしまったような現象がないことを祈るばかりです。
 少なくとも、高校野球を応援してきた人、関わってきた人、伝えてきた人たちは、苦渋の末に導かれた結論を肯定してきましょう。そして、いい方向へ向かうように応援していきましょう。

 大好きな高校野球を自分の言葉と思いで伝えられるという立場になって30年余になります。インディペンデントの立場として、辛い思い、哀しい思い、悔しい思いもたくさん味合わされてきました。だけど、今こそ、最も哀しく辛い思いをしています。
 だからこそ、陰ながらでも、どんな形であっても、少しでも支えになっていきたいと思っています。

 そのためには、まずは、今の決定を肯定することだと思います。
 私は、今回、苦渋の中で、日本高校野球連盟と主催者である毎日新聞社も、最大限の可能性を模索しながらも中止という決定を選択したのは、勇気ある決断と発表だったと思います。

 今、改めて、平穏に野球ができること、野球を見られることが、どんなに幸せなことだったのかということを実感しています。コロナウイルスを心から憎んでいます。早く、いつもの日本に戻ってほしいと祈っています。

(記事=手束 仁

関連記事
センバツ無観客での開催予定から一転、中止決定
「もしなかったとしても夏につなげる練習を」四国地区センバツ代表校・明徳義塾、尽誠学園の対応
73回の歴史にして史上初!春季四国大会が「大会前中止」決定!