第89回 NPB通算防御率1点台突入へ! 藤川球児(阪神タイガース)が「リ・ボーン」した場所2019年09月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

高知ファイティングドッグス時代の藤川 球児

 現在、わずかに残るクライマックスシリーズ出場へ向けて一丸の戦いを繰り広げている阪神タイガース。現在、その絶対的守護神として君臨しているのが「松坂世代」39歳の藤川 球児投手です。今季はシーズン途中から7年ぶりに慣れ親しんだクローザーへ本格復帰すると、9月22日現在で53試合に登板し4勝1敗13セーブ23ホールド・53回を投げて76奪三振をマークし防御率はこれも7年ぶりの1点台「1.36」。NPB通算の防御率も909回を投げ自責点204で「1.997」と夢の1点台に突入しています。

 では、MLBでの2セーブを合わせ日米通算242セーブ。名球会条件の「250セーブ」を来季早々にも達成しそうな藤川投手はなぜ、ここまでの復活を遂げたのでしょうか?もちろん、2016年に阪神タイガース復帰を遂げてからはじめは先発、次に中継ぎ、そして抑えと徐々に本職復帰への手順を踏んできたこともよかったのでしょう。

 が、もう1つ推察できることもあります。藤川投手自身の口から当時を振り返る発言はほとんどありませんが、2015年、テキサス・レンジャーズ(MLB)を自由契約となった後、故郷の高知県にある四国アイランドリーグplus所属・高知ファイティングドッグスでプレーした約3ヶ月間が大きく影響していると筆者は考えます。

 

 理由の第一は「心と身体をリセットする時間が過ごせたこと」。今振り返ると高知ファイティングドッグスでの藤川投手は実にリラックスしていました。報道陣の押し寄せる場では恰好をほとんど崩すことはなかったですが、ホームで出番を待つ間には筆者に向かって母校・高知商の試合結果を聞いたり、坊っちゃんスタジアムでのビジター戦ではキャッチボール中に観客の皆さんと雑談に興じることも。束の間ながら故郷で心と身体を休めることができたことはMLBの激戦を終えた彼にはどうしても必要だったのでしょう。

 もう1つは「日本仕様の確認作業」。マウンドの硬さ、気候、打者の反応。MLBと全く異なる環境にプレシャーのかかるNPBの舞台でいきなり対応するのは難しい。ましては「藤川球児」とというブランドがある以上、NPBでは周囲が「抑えるのが当たり前」と見るのが当然でしょう。

 ならば、四国アイランドリーグplusで投球スタイル含めて一度試行錯誤してみるのも悪くない。そう藤川投手は考えたのではないでしょうか。実際、高知ファイティングドッグスでの藤川投手はツーシームやカーブなど、阪神タイガース時代にはなかった変化球にも取り組んでいました。そして高知ファイティングドッグ退団時の会見ではこんなヒントも残しています。

 「成績はもうまったく興味ないです。自分がどういうふうにやったかっていう内容の方を重視してましたね。どういうふうに自分のやろうとしていることが、次の試合でうまく、少しでも野球がうまくなれたかなっていう」

 そう考えると、四国アイランドリーグplusと高知ファイティングドッグスでは藤川球児投手にとって再生「リ・ボーン」の場所だった。そう考えます。
 ただ最後に、もう一度言います。これはあくまでも「推察」。筆者はこの文章を書きながら藤川 球児投手に笑みを浮かべながらこう返されることを想像しています。

「そんなこと、ないですよ」と。

記事=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第3回 「補強ポイントは全部?!」スポーツライター・小関順二さんが阪神タイガースのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第58回 秋の四国で見つけたダイヤの原石 徳島インディゴソックスの「ドラフト候補クインテット」【四国発】
第57回 「野球は審判も含めてアジアで日本が一番」台湾から海を渡っての四国審判修業【四国発】
第88回 日本開催ラグビーW杯開幕! 日本代表に野球経験者は?【高校野球コラム】
第54回 四国アイランドリーグplus初の「名球会指揮官」 高知ファイティングドッグス・駒田 徳広監督、ラストスパートへ【四国発】
第584回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「制球力向上に必要なのは"再現性の高いフォーム"」【後編】 【2017年インタビュー】
第552回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「"クオータースロー"誕生秘話」【前編】 【2017年インタビュー】
第503回 広島東洋カープ 赤松 真人選手(平安出身)「赤松 真人選手が語る!グラブはイチロー選手と同じモデルの理由」【後編】 【2017年インタビュー】
第502回 広島東洋カープ 赤松 真人選手(平安出身)「教えて赤松 真人選手!『まずは外野守備に興味を持とう!』」【前編】 【2017年インタビュー】
第498回 小野 泰己投手(折尾愛真-富士大)「『一歩ずつ』を大事に、聖地・甲子園で花開かせる」【後編】 【2017年インタビュー】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム