第76回 大阪桐蔭が春夏連覇!金足農の躍進!課題が残ったアジア大会!2018年高校野球を振り返る!【下半期】2018年12月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 100回記念大会など高校野球が大きな盛り上がりを見せた、2018年も残りわずか。そこで今回は高校野球ドットコムの河嶋副編集長と編集部の栗崎の2人で2018年の高校野球を振り返っていく。

大阪桐蔭が選抜優勝!2018年高校野球を振り返る!【上半期】

夏の甲子園〜国体



 夏の甲子園は大阪桐蔭が制し春夏連覇を達成した。大きな注目を集めた大阪桐蔭だが、この夏を語る上で欠かせないのが金足農の躍進だろう。

 北海道日本ハムファイターズから1位指名された豪腕・吉田 輝星を中心に決勝まで勝ち上がった。その躍進は世間に知れ渡り「金足農旋風」と言われるまでとなった。決勝で大阪桐蔭に敗れるも、金足農の戦いぶりには高校野球ファンのみならず、多くの人を感動させた。

 夏の甲子園が終わり、アジア大会が始まった。根尾 昂藤原 恭大小園 海斗吉田 輝星など世代を代表する選手が一つのチームとなりアジアのチームと対戦した。3位という結果で終わり課題も残った悔しい大会だったが、唯一の2年生で選ばれた奥川 恭伸星稜)が今大会で得た経験を次世代へ継承していく事を願う。

 福井で行われた国体は悪天候の影響で4校が優勝校となった。根尾 昂は150キロを記録、吉田 輝星は自己最速の152キロをマーク。各選手が有終の美を飾った。

 大きな盛り上がりを見せた2018年の高校野球。2019年はどのような年になるのか?今から非常に楽しみである。

(記事=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
第646回 全国制覇達成も慢心なし 履正社 新チーム始動【後編】【野球部訪問】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs立命館守山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第89回 村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!【高校野球コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
柿木 蓮(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
吉田 輝星(金足農) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
金足農 【高校別データ】
札幌大谷 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム