第76回 大阪桐蔭が春夏連覇!金足農の躍進!課題が残ったアジア大会!2018年高校野球を振り返る!【下半期】2018年12月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 100回記念大会など高校野球が大きな盛り上がりを見せた、2018年も残りわずか。そこで今回は高校野球ドットコムの河嶋副編集長と編集部の栗崎の2人で2018年の高校野球を振り返っていく。

大阪桐蔭が選抜優勝!2018年高校野球を振り返る!【上半期】

夏の甲子園〜国体



 夏の甲子園は大阪桐蔭が制し春夏連覇を達成した。大きな注目を集めた大阪桐蔭だが、この夏を語る上で欠かせないのが金足農の躍進だろう。

 北海道日本ハムファイターズから1位指名された豪腕・吉田 輝星を中心に決勝まで勝ち上がった。その躍進は世間に知れ渡り「金足農旋風」と言われるまでとなった。決勝で大阪桐蔭に敗れるも、金足農の戦いぶりには高校野球ファンのみならず、多くの人を感動させた。

 夏の甲子園が終わり、アジア大会が始まった。根尾 昂藤原 恭大小園 海斗吉田 輝星など世代を代表する選手が一つのチームとなりアジアのチームと対戦した。3位という結果で終わり課題も残った悔しい大会だったが、唯一の2年生で選ばれた奥川 恭伸星稜)が今大会で得た経験を次世代へ継承していく事を願う。

 福井で行われた国体は悪天候の影響で4校が優勝校となった。根尾 昂は150キロを記録、吉田 輝星は自己最速の152キロをマーク。各選手が有終の美を飾った。

 大きな盛り上がりを見せた2018年の高校野球。2019年はどのような年になるのか?今から非常に楽しみである。

(記事=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第529回 一戦必勝が導いた優勝!甲子園で勝つためにさらなる高みへ!【バッテリー座談会 後編】【野球部訪問】
第864回 何としても甲子園へ!最速145キロ右腕・遠藤慎也が目指す、周りから信頼されるエースに!【後編】 【2019年インタビュー】
第528回 創部10年目で神宮大会V!札幌大谷バッテリーが語る、明治神宮大会初出場までの道のり【バッテリー座談会 前編】【野球部訪問】
第863回 重圧の中でも投げ勝つ!最速145キロ右腕・遠藤慎也(京都翔英)が強豪相手に見つけた収穫と課題【前編】 【2019年インタビュー】
第828回 リードする星稜を追うのは?平成最後の選抜、新元号最初の夏に期待の注目校【2019年展望】【大会展望・総括コラム】
第78回 2019年から始める! キミにぴったりの野球ノートの取り組み方は?【高校野球コラム】
第17回 祝3万人突破!年始に見てきたい注目動画を一挙紹介!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vs南カリフォルニア選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vs南カリフォルニア選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第834回 エースは俺だ!神宮大会優勝投手へつなげた投球改革 西原健太(札幌大谷) 【2018年インタビュー】
柿木 蓮(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
吉田 輝星(金足農) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
金足農 【高校別データ】
札幌大谷 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム