目次

[1]横浜のエース・松坂大輔が甲子園で全国を沸かせてから20年
[2]今季で引退した松坂世代の今後

横浜のエース・松坂大輔が甲子園で全国を沸かせてから20年


 世代の先頭を走った松坂 大輔は今でも現役を続けている。プロ入り後、長くトップランナーとして走ってきた松坂。しかしソフトバンクに入団した2015年から3年間、一軍登板はわずか1試合と苦しんできたが、2018年に復活。6勝を挙げ、カムバック賞を受賞した。野球人生の危機に立たされながらも復活した松坂のすごさが分かる。

 さて松坂以外で現役を続けている松坂世代の選手たちは以下の通りである。 

・久保裕也(沖学園-東北楽天)
・和田毅(浜田ー福岡ソフトバンク)
・藤川球児(高知商ー阪神)
・實松一成(佐賀学園ー北海道日本ハム)
・館山昌平(日大藤沢ー東京ヤクルト)
・永川 勝浩(広島新庄広島
・久保康友(関大一ー横浜DeNAーアメリカ独立)
・梵英心(三次広島ーエイジック)
・渡辺直人(牛久-東北楽天ゴールデンイーグルス)

藤川球児については、53試合に登板し、防御率2.32と、セットアッパーとして活躍しているのが素晴らしい。現在710試合で通算防御率2.04、リリーフながら通算奪三振は1122。このまま松坂世代のレジェンドとなってほしい。

 久保裕もリリーフで25試合で防御率1.71と好成績を残し復活を印象付けた。和田、實松、館山は成績的にあとがない立場。ぜひ来年は復活を果たしてほしい。

 また、久保康はアメリカ、梵は社会人で現役としてプレーしている。